なぜ? 主審が黒人選手に中指立て“退場処分”で物議 「スキャンダル」の瞬間に弁明

主審が、退場を命じる際に表したジェスチャーについて説明(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
主審が、退場を命じる際に表したジェスチャーについて説明(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ラトビアで生まれた「奇妙な出来事」 主審の中指ポーズを受けて「すぐに騒動」

 ラトビアのフレンドリーマッチで生まれたワンシーンが物議を醸している。主審が黒人選手にレッドカードを提示して退場処分を言い渡す際、左手の中指を立てている決定的瞬間が話題となっている。海外メディアは「ラトビアのスキャンダル」と報じる一方、当事者の主審は「彼が何のために罰せられたか理解できるように、身振りを示さなければならなかった」と語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 問題の出来事は現地時間5月29日、ラトビアで行われたFK RFS対リガFCの一戦で起きたという。後半30分、RFSのコートジボワール人FWセドリック・クアディオがライン際で競り合い、相手の足ごとボールにタックル。そのままボールはタッチラインを割ったが、クアディオがポジションに戻ろうした。

 しかし、その直後に主審のアンドリス・トレイマニスが笛を吹き、クアディオに対してレッドカードを提示。この際、右手でカードを掲げ、左手を伸ばして最後は中指を立てる仕草を見せた。

 イタリアメディア「calcioweb.eu」は「奇妙な出来事が起きた。主審が選手に対して中指を立て、すぐに騒動が持ち上がった」と伝えた。5月25日にアメリカで黒人男性が白人警察官に膝で首を圧迫され窒息死。その悲劇を受けて抗議運動が起きている最中の出来事だった。

 記事では「静止画ではジェスチャーが不当に見えるが、レフェリーはフェイスブックに投稿したビデオを通じて状況を明らかにした」と指摘。トレイマニス主審が自身のフェイスブックで一連の動画をアップし、状況を説明した。「選手がファウル後に侮辱し、対戦相手に中指を向けたために退場となった。レフェリーはそのアクションを真似ている。したがって、それは攻撃ではなく、レッドカードの説明にすぎない」と補足している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング