イニエスタ、正確無比なJ初ゴールが与えた衝撃 世界的スターが見せた”プロ根性”

神戸MFイニエスタのJ1初ゴールを回顧【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタのJ1初ゴールを回顧【写真:Getty Images】

【J番記者が選ぶスーパーゴール|神戸編】2018年J1第21節磐田戦(前半15分)…イニエスタのJ初ゴール

 18年5月にヴィッセル神戸への移籍を発表して2年。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、数々のスーパープレーでファンを魅了してきた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

  記憶に新しいところだと、昨年のJ1リーグ第17節名古屋グランパス戦(5-3)ではキックの正確さという彼の持ち味が発揮されたミドルシュートに衝撃を受けたし、第24節のサガン鳥栖戦(6-1)では元日本代表FW田中順也のゴールにつながった、正確無比なロングパスにため息をついた。

 特に前者は、イニエスタに第四子が生まれた直後の試合で、ゴール後にはチームメートと「ゆりかごダンス」で祝福したと考えれば、本人にとっても記憶に残るゴールになったことだろう。

「ゴール後のセレブレーションはやるつもりはなかったのですが、チームメートがやろうと促してくれた。チームの勝利に貢献できて嬉しい」

 そうしたゴールやアシスト以外にも毎試合、彼の1本のパス、アイデアに魅了され、次から次へと彼の「スーパープレー」の記憶が塗り替えられてきた気もするが、いまだに忘れられないのは、18年J1リーグ第21節磐田戦で受けた衝撃だ。

 第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)でのJ1リーグデビュー、第18節柏レイソル戦(1-0)でのJ1リーグ初先発の後、家族の来日手続きのため母国へ一時帰国していたことから、3試合ぶりのJ1リーグ出場となったこの一戦。ホーム・ノエビアスタジアムのピッチに立ったイニエスタは、心配された長距離移動による疲れを一切感じさせないパフォーマンスで序盤から輝きを示した。そうした状況で生まれたのが前半15分のスーパーゴールだ。

 右サイドの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキから出された強めのスルーパスをペナルティエリアで受けると、体をターンさせながら巧みなトラップで相手DFを抜き去り、さらにGKもかわして角度のないところから右足でゴールを捉える。ポドルスキのアシストもさることながら、正確無比なトラップに始まったイニエスタの美しくも、正確な一連のプレーにスタジアム全体が歓声というより、驚きに満ちたどよめきに包まれたのも印象的だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ