小野伸二、「暑過ぎ」沖縄の練習で”高精度”華麗トラップに反響 「サッカー最高」

FC琉球でプレーするMF小野伸二が華麗なトラップを披露【写真:©FC RYUKYU】
FC琉球でプレーするMF小野伸二が華麗なトラップを披露【写真:©FC RYUKYU】

小野伸二が公式インスタグラムで沖縄での練習風景を公開

 J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二が、自身の公式インスタグラムを更新した。沖縄で練習に励む様子を動画と写真で公開。トレーニング中の”高精度”リフティングパスを披露しており、反響を呼んでいる。

 小野は、1998年に浦和レッズに入団。オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフムにも在籍し、浦和への復帰も挟みながら、2010年には清水エスパルスへ加入した。12年からオーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズでのプレーを経て、14年から北海道コンサドーレ札幌に加入。5年半を過ごした思い入れのあるクラブを昨年8月に離れ、現在は琉球で奮闘している。

 今季の開幕戦となった2月23日のジェフユナイテッド千葉戦(0-1)は、後半35分から出場。今年41歳を迎えるファンタジスタの活躍が期待されているなかで、現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、Jリーグを含めた公式戦が中断を強いられた。小野は中断期間に3月下旬から「未来のちびっこ達に夢を」と題して、自身の公式インスタグラムに様々な動画を投稿したり、華麗な技術を披露してきた。そんななか、FC琉球は5月14日に日本政府が47都道府県のうち39県で緊急事態宣言を解除したことを受け、25日から非公開で練習を再開。Jリーグ再開に向けて再出発を切っている。

 沖縄で練習に励んでいる小野は公式インスタグラムを投稿。「今日の沖縄暑過ぎだ〜  でもサッカー最高」と、ピッチに出られる喜びを綴っている。動画では練習中にリフティングパスする様子を公開。何気ないプレーでも相手のパスをピタリと止めるトラップで正確にコントロールする”高精度”な技を披露している。

 ファンからは「柔らかいボールタッチ」「トラップ、最高」「暑くても小野伸二は小野伸二だからうまい」など絶賛コメントが相次いだ。そのコメントに対しても小野はファン1人1人に「あざーす」などと返信。新型コロナウイルスの影響でなかなかピッチまで足を運べないファンへのサービスも忘れていなかった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング