「中村は外せない」 セルティック“歴代ベスト11”選出、熱狂的ファン絶賛「歌うような左足」

セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代の中村俊輔【写真:Getty Images】

伝統競技のマネージャー、セルティックの熱狂的ファンとして1988年以降の“最強チーム”を選出

 元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)が、1988年以降のセルティック歴代ベストイレブンにオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)らとともに選出された。英メディア「THE IRISH NEWS」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ベストイレブンを選出したのは、ゲーリック体育協会(GAA)のハーリング(※)チームマネージャーのロナン・シーハン氏。同氏は30年以上セルティックを追いかけ続けてきた熱狂的なファンの1人だという。

(※ハーリング:スティックとボールを使ったアイルランドの伝統的スポーツの一つ)

 そのシーハン氏が選ぶベストイレブンの1人に、日本のファンタジスタが名を連ねた。中村は左MFとして選出。その理由について、次のように記されている。

「中盤の左サイドは中村だ。なんて左足だ。彼が決めたゴール、(マンチェスター・)ユナイテッド相手に決めたFKなどを見れば分かる。まさに彼はFKを蹴るための男だ。卓越した技術も持っている。セルティックにはトミー・バーンズ(1973〜89年)という素晴らしい左足を持っている選手もいたが、感情を抜きにすれば左サイドには歌うような左足を持った選手が必要で、私の評価では中村を外すことはできないだろう」

 中村は2005年から09年までセルティックに在籍。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッドを相手に決めた2本のFKは、今も語り草となっている。06-07シーズンからリーグ3連覇を果たし、欧州リーグでアジア人初のリーグMVP(06-07シーズン)も獲得し、クラブの歴史にその名を深く刻み込んだ。30年来のセルティックファンからも絶大な信頼を得ているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」