レアルBラウール監督、古巣シャルケの新監督候補に浮上 初のトップチーム指揮なるか

カスティージャを率いる元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス監督【写真:Getty Images】
カスティージャを率いる元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス監督【写真:Getty Images】

将来的にレアルのトップチームで監督就任が期待されるなか、ドイツ行きの報道が浮上

 レアル・マドリードのBチームを率いる元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス監督が、古巣シャルケの新監督候補に浮上しているという。スペイン紙「AS」など複数メディアが報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 レアルの下部組織出身で、1994年から2010年までトップチームでプレーし、キャプテンも務めたラウール監督。レアル退団後の2010年から12年にはシャルケに加入し、10-11シーズンには元日本代表DF内田篤人(現鹿島アントラーズ)らとともにUEFAチャンピオンズリーグ4強入りを果たした。

 現役引退後に指導者となったラウール監督は、現在レアルのBチームにあたるカスティージャを率いており、将来的にはトップチームの指揮官就任の期待もある。そうしたなかで、ドイツ誌「シュポルト・ビルト」によれば、レアルよりも先に古巣シャルケのトップチームを率いる可能性が浮上しているという。

 シャルケは新型コロナウイルスの影響による中断明けのリーグ戦4戦全敗と絶不調。中断前まで遡ると、最後に白星を挙げたのが1月17日の第18節ボルシアMG戦(2-0)で11戦連続未勝利(4分7敗)が続いている。

 このチームの低迷を受け、デイビッド・ワグナー監督解任の可能性が取り沙汰されているようで、その後任の一人にラウール監督の名前が挙がっているという。

 ラウール監督以外ではシャルケでの指揮経験もあるラルフ・ラングニック氏や、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督、PSVのロジャー・シュミット監督らが候補になっているという。

 レアルのレジェンドであるラウール監督だが、トップチームでの初指揮はドイツで実現することになるのだろうか。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」