メッシ級ドリブルだけじゃない! 久保建英の「素晴らしい進化」データにスペイン注目

被ファウル数以外の5項目データも紹介 特筆すべきは「ボール奪取数」

 その他の5項目でも久保は上位に食い込んでいる。ボール奪取数が27位(16回)、チャンス創出パス数が29位(20回)、パスインターセプト数が30位(16回)、好クロス数が31位(7本)、シュート数が33位(28本)となった。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 特筆すべきは、攻撃面はもちろん、ボール奪取と守備面でも貢献していることだろう。シーズンを通して戦うなか、スキルだけでなくフィジカルも着実に成長。球際での競り合いで互角以上の強さを見せており、それは攻守両面で存分に生きている。

 新型コロナウイルスの影響で3月から中断していたリーグ戦がいよいよ再開する。マジョルカは現地時間14日、本拠地で首位バルセロナを迎え撃つなか、久保が存在感を示すだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング