メッシ級ドリブルだけじゃない! 久保建英の「素晴らしい進化」データにスペイン注目

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

久保の被ファウル数はリーグ10位、相手に脅威を与えてチームのセットプレー数が増加

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、今季リーガ・エスパニョーラで24試合3ゴール2アシストの結果を残している。スペイン紙「AS」は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に匹敵するドリブルに加え、その他の6項目のデータに着目。「マジョルカの日本人の素晴らしい進化」について紹介した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨夏、FC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、マジョルカに1年間の期限付き移籍をしている。スペイン紙「AS」はデータサイト「Alebia Analytics」の算出を基に、1試合あたりのドリブル回数で久保とメッシがリーグトップタイの「5.4回」を記録していることを伝えた。

 だが、久保の成長を示すデータは他にもあるという。記事では「Alebia Analytics」のデータは、マジョルカの日本人の素晴らしい進化を物語る唯一のものではない」と指摘。データ分析会社「オプタ」の情報を基に、攻守にわたる久保のデータに触れ、6項目のランキングを紹介している。

 スペイン紙が真っ先に取り上げたのは被ファウル数で、久保はリーガ全体で10位となる46回をマーク。メッシに並ぶほど積極的にドリブルを仕掛けている久保は、それだけ相手にとっても脅威の存在だ。久保に対するファウル数が増えている一方、マジョルカにとってはセットプレー数の増加を意味しており、久保がチームにもたらす好影響の一つと言えるだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ