「惚れました」 森重真人、“パティシエGK”から手作りお菓子のプレゼントに歓喜「5秒で…」

FC東京のGK林彰洋とDF森重真人【写真:小林 靖】
FC東京のGK林彰洋とDF森重真人【写真:小林 靖】

21日に33歳の誕生日を迎えたFC東京DF森重、同僚からの”サプライズ”を告白

 FC東京の元日本代表DF森重真人が21日、33歳の誕生日を迎えた。自身の公式ツイッターでチームメートのGK林彰洋から手作りティラミスをプレゼントされたことを報告。「5秒で帰って行きました」と”秘話”を明かし、「感動」「惚れました」と、感謝を綴っている。

 森重はサンフレッチェ広島ジュニアユースから、地元の強豪・広島皆実高に進学。2006年に大分トリニータ入りを果たし、10年からFC東京の主力として活躍している。日本代表としても国際Aマッチ41試合に出場し、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)メンバーにも選出された。

 今季は2月23日の清水エスパルス戦(3-1)にもフル出場。現在は新型コロナウイルスの影響を受けてリーグは中断しているが、再開に向けてその時を待っている。

 そんななか、5月21日に33歳の誕生日を迎えた森重。練習もなく、チームメートからの祝福もないかと思いきや、”バースデーサプライズ”に感動したようだ。その仕掛け人は、チームメートの守護神・林。自宅待機中に料理に挑戦していた林は、「森重さんよ。作るよおれ」と公式ツイッターに材料の写真とともに投稿。「過程を紹介しよう」と、カップに盛りつけた作りかけのティラミスを公開した。最後には「任務完了」と、完成品を披露した。

 この林からの手作り誕生日プレゼントは何とも”男前”な贈り方だったようだ。森重は、自身のツイッターで「まさか。。。」と、題して、サプライズ方法を明かした。

「車で颯爽と現れ『おめでとう👍』と言って渡され5秒で帰って行きました。惚れました。ティラミス…うますぎて…感動。惚れました」

 これに林は「本当に5秒だったなぁ笑」と返信し、かつてFC東京でプレーした名古屋グランパスのDF太田宏介は「俺の誕生日もよろしく」と、おねだり。“パティシエ林”は「名古屋までかあり得るな。笑」と、太っ腹に返事している。

 チームメートの思いが詰まったプレゼントを受け取り、森重にとっては忘れられない誕生日となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング