「CLのスターを覚えているか?」 韓国英雄MF、ミランを追い詰めた鮮烈ゴールに再脚光

PSV時代のMFパク・チソン【写真:Getty Images】
PSV時代のMFパク・チソン【写真:Getty Images】

04-05シーズン準決勝、PSV時代のパク・チソンが決めた豪快な一撃をCL公式が回顧

 元韓国代表MFパク・チソンは、イングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドで長年にわたって活躍し、スター揃いのチームを支えて多くのタイトル獲得に貢献した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式SNSは、ユナイテッド加入直前のシーズンにPSVの一員として見せた活躍に注目。CL準決勝での“ゴラッソ”を振り返っている。

 パク・チソンは2000年に京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプロデビュー。3年間にわたってプレーし、2002シーズンの天皇杯ではチームを優勝に導いた。02-03シーズン途中からはオランダの名門PSVに移籍。04-05シーズンまでの2年半、主力として活躍している。

 PSVでのラストシーズンとなった04-05シーズンには、CLで快進撃を披露する。グループステージを2位で勝ち上がると、ラウンド16で前年度準優勝のモナコ、準々決勝でフランスの盟主として君臨していたリヨンを撃破。準決勝では最終的に優勝することになるACミランと激突した。

 アウェーでの第1戦では0-2と敗れ、PSVはホームでの第2戦を迎えた。まず2点を奪う必要があったなか、前半9分に試合は動く。敵陣中央でボールを持ったパク・チソンは前線にスルーパス。そのままペナルティーエリア内まで駆け上がると、こぼれてきたボールを左足で一閃。ミランの元ブラジル代表GKジダを打ち破る豪快な一撃がネットを揺らし、反撃の狼煙を上げた。試合は最終的に3-1となり、アウェーゴールの差で敗退となったものの、PSVとパク・チソンは鮮烈な印象を残している。

 当時の欧州サッカー界に旋風を巻き起こしたパク・チソンの一撃を、CL公式インスタグラムは「パク・チソン。CLのスターを覚えているか?」と綴って紹介。コメント欄では「アジアのレジェンド」「万能の選手」「彼こそアジアナンバーワン」「トップクラス」と称賛に言葉が並び、「(ポルトガル代表FW)クリスティアーノ・ロナウドらがいたせいで過小評価されていた」という声も寄せられていた。

 このシーズンにCL決勝の舞台に立つことはできなかったとはいえ、パク・チソンが躍進するPSVの原動力となったことは間違いない。そしてユナイテッド移籍後の07-08シーズンにはアジア人選手初のCL優勝も経験した。Jリーグで礎を築き、世界トップレベルへの飛躍したパク・チソンは、今も欧州でリスペクトの対象となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング