C・ロナウド、ユーベ移籍後CL初陣の“退場半べそ”に再脚光 ファン揶揄「泣くな、赤ん坊」

2年前、C・ロナウドが見せた泣く姿は未だに賛否両論【写真:Getty Images】
2年前、C・ロナウドが見せた泣く姿は未だに賛否両論【写真:Getty Images】

2018年CLグループステージ第1節バレンシア戦の退場騒動に米メディア再脚光

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスに加入した2018年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦で一発レッドカードを食らい、ピッチに座り込んで“半べそ状態”のシーンがあった。米メディアは「ロナウドの反応は激しかった」と再びスポットライトを当てている。

 2018年夏にレアル・マドリードからユベントスへ移籍したロナウドは、同年9月19日に行われたCLグループステージ第1節バレンシア戦(2-0)に先発出場。しかし、0-0で迎えた前半29分に悲劇に見舞われる。

 ゴール前に走り込んだロナウドだったが、並走していたコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョがオーバーリアクション気味に倒れ込んだ。これにヒートアップしたロナウドは左手でムリージョの頭に手をかけてしまう。主審は追加副審に助言を求め、ロナウドにレッドカードを提示。ユベントス側も猛抗議したが判定は覆らず、ロナウドは前半のうちにピッチを後にした。

 ピッチの上に座り、今にも泣き出しそうな表情を浮かべるロナウド。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」公式ツイッターは、「ロナウドの反応は激しかった」と回顧。ファンからも非難寄りのコメントが多数寄せられた。

「本気で泣いてるのか?」
「これが現実のはずがない」
「泣くな、赤ん坊」
「これぞロナウド」
「彼は過大評価されている」

 2016年の欧州選手権(EURO)決勝で負傷してピッチを去った際にも涙を流すなど、時に感情的になるロナウドだが、2年前の行動は今もあまり好意的には捉えられていないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング