武藤嘉紀、本田圭佑の「宿題は嫌ならやらんでいい」発言に警鐘 「それは非常に危険」

ニューカッスルFW武藤嘉紀とボタフォゴMF本田圭佑【写真:Getty Images & AP】
ニューカッスルFW武藤嘉紀とボタフォゴMF本田圭佑【写真:Getty Images & AP】

「時と場合で宿題の必要性は全く違う」と断ったうえで、子供たちの“受け取り方”を懸念

 元日本代表MF本田圭佑(ボタフォゴ)は16日、自身の公式ツイッターで「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う」と主張。これにロシア・ワールドカップ(W杯)など日本代表で共闘してきたFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が反応し、「時と場合で宿題の必要性は全く違う」と断ったうえで、「圭佑くんの発言力でこれを言ってしまうと…」と不安を口にしている。

 今年1月末にブラジル1部ボタフォゴへ移籍した本田。3月15日のデビュー戦でPKによる新天地初ゴールを挙げ、史上初めて5大陸(アジア、ヨーロッパ、北米、オセアニア、南米)のクラブレベルでゴールを決めたプロサッカー選手として名を刻んだ。

 新型コロナウイルスの影響でリーグが中断となって以降は、プレミアム音声サービスなどを利用して大物選手と対談するなど様々なメッセージを発信してきた本田。16日にはツイッターで、「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う。あのやってない奴があかんみたいな空気が辛すぎる」と社会情勢について見解を示した。

 これにすかさず反応したのが、慶應義塾大学出身の武藤だ。「時と場合で宿題の必要性は全く違うからなー。まず、好きで宿題をやる子供ってほぼいないと思う」と前置きしたうえで、本田のコメントについて自身の意見を綴った。

「一つだけ言えるのは、圭佑くんの発言力でこれを言ってしまうと子供たちは『本田選手がこう言ってるんだから、宿題はやらなくていいんだ』と飲み込む子供が確実に増加するということ。それは非常に危険」

 影響力の大きい本田の発言だけに、子供たちは本田を理由にして宿題をしなくなるのは危険と警鐘を鳴らしたのだ。ファンからも「よく言った! 賛同しました」「同感。勘違いしてしまう」「これを鵜呑みにしたら怖いですね」といった声が上がっていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング