バルサFWメッシの“レーザービーム級”直接FK弾にリーガ再脚光 「絶対的な精度」

バレンシア戦でのメッシのFKに再脚光【写真:Getty Images】
バレンシア戦でのメッシのFKに再脚光【写真:Getty Images】

2017年1月のビジャレアル戦で劇的な同点FKを決めてチームを敗戦の危機から救う

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、これまでのキャリアで通算52本の直接FK弾を決めている。新型コロナウイルスの感染拡大で休止していたチーム活動も再開となり、リーガ・エスパニョーラの再始動に向けて動き出したなか、リーガ公式ツイッター英語版は2017年に飛び出したメッシの一撃に再びスポットライトを当てている。

 取り上げられたのは、2017年1月8日に行われたリーガ第17節ビジャレアル対バルセロン戦だった。

 後半4分にイタリア代表FWニコラ・サンソーネ(現ボローニャ)に先制ゴールを許したバルセロナは、決定的なシュートがポストに嫌われるなどゴールが割れず。1点ビハインドのまま迎えた後半45分、メッシがチームを救った。

 ペナルティーアーク後方中央からの直接FKでキッカーを務めたメッシは、ビジャレアルが8人を並べた壁の間を破り、ゴール左上隅に強烈な一撃をお見舞い。駆け引きに負けた相手GKは一歩も動けず、シュートがネットを揺らすのを見送るしかなかった。

「メッシのビジョン=絶対的な精度」

 リーガ公式ツイッター英語版がこう一言を添えると、「スーパーマン」「衝撃的だ」と声が上がったほか、映像にメッシが目からレーザービームを放つような加工がされているため、「メッシが怒っているみたいだな」といったコメントも見受けられた。

 練習再開に伴い、髭も剃って“イメチェン”したメッシ。シーズン再開後の爆発に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング