長友佑都、日本代表の「ターンの神ベスト3」を選出 「神ってる」と称した天才は?

長友佑都が選ぶ、日本代表の「ターンの神ベスト3」とは…【写真:Getty Images】
長友佑都が選ぶ、日本代表の「ターンの神ベスト3」とは…【写真:Getty Images】

公式YouTubeチャンネルで「ターンの神」3人を選出 3位南野、2位中島、1位は香川!

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、4月16日に公式YouTubeチャンネルを開設し、様々な企画コンテンツを配信している。先日の「天才パサー」に続くテーマは「ターンの神ベスト3」。日本代表を対象にして行われた今回は、長友の盟友が1位に輝いている。

 長友はターンについて「サッカーの技術の中で最も難しいスキルの一つだと思う」と説明。サイドバックを務めてきた自身は、「ターンが苦手」だという。

 セリエAの名門インテルで7年間プレーし、世界を知る長友は3位にMF南野拓実(リバプール)、2位にMF中島翔哉(ポルト)を選出。そして、栄えある1位には2008年5月のコートジボワール戦で一緒にA代表デビューを飾り、長年共闘してきたMF香川真司(サラゴサ)の名前を挙げた。

 香川を「神ってる」と表現する長友は、「ターンの技術が、彼の誰にも負けない唯一無二のストロングポイント。めちゃくちゃ上手くて滑らか。ターンで世界で戦っている」と称賛した。

 動画では、スペインに住む香川との豪華な“オンライン緊急対談”も収録。香川はターンで“大事にしている3つのポイント”などを明かしている。ドルトムント時代の2018-19シーズン以降、トルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍など厳しい時間を過ごしてきた香川だが、憧れだったスペインの地で、ターンを武器に本来の輝きを取り戻したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング