中村俊輔、伝説FK弾は「ド派手なショー」 マンU戦が英放送局“セルティックCL傑作4選”入り

セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

06-07シーズンのCL第6節マンU戦で日本人史上初の決勝T進出を果たす決勝点を記録

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、セルティック時代の2006-07シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で日本人史上初の決勝トーナメント進出という偉業を成し遂げた。英衛星放送「BTスポーツ」は現地時間5月3日に中村が決めた伝説の直接FK弾が飛び出したマンチェスター・ユナイテッド戦を含め、「CLの“傑作4選”」を再放送予定。英紙「デイリー・レコルド」は「ノスタルジーを感じるド派手なショー」と評している。

 横浜マリノス(当時)でプロキャリアをスタートさせた中村は2002年に海外挑戦。日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。

 セルティックではリーグ優勝3回、2006-07シーズンには年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも伝説として刻まれているのが2006年11月21日に行われたグループステージ第5節のユナイテッド戦(1-0)だ。

 0-0で迎えた後半36分、セルティックは中央やや右のゴールから約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーを任された中村が左足を一閃すると、ボールは壁の上を越えて早く落ちる軌道でユナイテッドゴールへ。対峙した元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールの懸命の横っ飛びも及ばす、ゴール右上隅を鮮やかに射抜いてみせた。この一撃が決勝点となり、中村は日本人選手として初めて決勝トーナメント進出を果たしている。

 英紙「デイリー・レコルド」によれば、英衛星放送「BTスポーツ」は5月3日にセルティックの「CLの“傑作4選”」を再放送予定。01年10月31日のグループステージ最終節ユベントス戦(4-3)、07年10月3日のグループステージ第2節ミラン戦(2-1)、12年11月7日グループステージ第4節バルセロナ戦(2-1)と続き、先述の06年ユナイテッド戦が“大トリ”に配置されている。

「2006年、マンチェスター・ユナイテッドを沈めたシュンスケ・ナカムラのFKを再び体験することができる」

 記事では、「ノスタルジーを感じるド派手なショー」とも評されており、今なお“セルティックの象徴的な瞬間”として人々の記憶に深く刻まれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング