マンU、意中の“神童”サンチョへ伝統「7番」を準備 ベッカムやC・ロナらエース“系譜”

ドルトムントMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】

“133億円”男とも言われるサンチョへ伝統の「7番」を準備か

 マンチェスター・ユナイテッドは今夏のトップターゲットに定めるドルトムントの“神童”イングランド代表MFジェイドン・サンチョに、クラブ伝統のエースナンバー「7」をオファーしたと現地メディアが報じている。

 「マン・ユナイテッドはデイビッド・ベッカムの足跡を辿るチャンスをジェイドン・サンチョにオファー」。このように報じたのは英紙「デイリー・ミラー」。ユナイテッドは20歳の逸材獲得への本気度を示した。

 ユナイテッドの背番号7といえば、これまでにジョージ・ベスト、ブライアン・ロブソン、エリック・カントナ、デイビッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドとそうそうたる顔ぶれが背負ってきた重みのある番号。イングランドとユナイテッドのレジェンドでもあるベッカム氏も背負った。その伝統のエースナンバーを与えることを条件としてオファーしたと伝えられている。

 背番号7は昨季までインテルに期限付き移籍中のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが着用していたが、今シーズンは不在となっていた。

 ドルトムントはサンチョの放出について要求額以下のオファーは受け付けないとし、つけられた値札は1億ポンド(約133億円)と伝えられている。獲得のハードルは高いが、ユナイテッドは意中のターゲットを射止めることができるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング