千葉DF、元同僚の“甲冑姿コラージュ”投稿で珍要求 「こんな感じのパジャマが…」

柏レイソル時代のDF増嶋竜也【写真:Getty Images】
柏レイソル時代のDF増嶋竜也【写真:Getty Images】

千葉DF増嶋、35歳の誕生日プレゼントを大津に要求 珍コラージュ投稿で田中も反応

 ジェフユナイテッド千葉のDF増嶋竜也が公式ツイッターを更新。35歳の誕生日プレゼントに武士を彷彿させる“甲冑仕様”の珍パジャマを要求し、元同僚も「えっ。やばいんだけど」と困惑している。

 市立船橋高の一員として2002年の全国高校サッカー選手権制覇を果たした増嶋は、2004年にFC東京に加入。その後ヴァンフォーレ甲府、京都サンガF.C.、柏レイソル、ベガルタ仙台と渡り歩き、2018年から千葉へ活躍の場を移した。これまでJ1通算265試合12得点、J2通算55試合5得点を記録し、J1優勝1回、ルヴァンカップ優勝2回、天皇杯優勝1回を経験している。

 今季開幕戦のFC琉球戦にも後半14分から途中出場した増嶋だが、リーグは新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断。日本政府は全都道府県を対象に緊急事態宣言を出し、千葉は8日から「当面の期間」、活動休止することを発表している。

 自宅待機となるなかで、増嶋はツイッターに「コロナの自粛生活で1日パジャマかカラダ動かす用スウェットの2択の毎日。干したやつそのままいけちゃうから2セットあればいけちゃうから…私服いらない説…」と“悩み”を吐露した。

 すると、柏時代の同僚である横浜F・マリノスの元日本代表FW大津祐樹が、22日に35歳の誕生日を迎えていた増嶋に対して、「35歳のプレゼントはパジャマでいいってことですね?笑」と反応。増嶋が「こんな感じのパジャマが欲しいです」と要求した一品が実にユニークだった。

 添付されたのは、同じく柏時代の同僚である元日本代表FW田中順也(ヴィッセル神戸)が2014年に移籍したポルトガル1部スポルティングCPのロゴを背景に、甲冑を着用して刀を構えたインパクト絶大のコラージュだ。これには田中も「えっ。やばいんだけど」と困惑気味にツイート。増嶋は「角刈り侍似合ってるよ」と返信し、元柏組で軽快なやりとりを展開していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング