「なんてことだ」 メッシ、“レアル風”10番ユニフォーム着用に反響「これなら買う」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

バルサとレアルのユニフォームデザインが入れ替わったら… メッシとマルセロに姿に注目

 新型コロナウイルスの影響で各国のサッカーリーグが中断しているなか、ブラジルメディア「Esporte Interativo」が「もしライバルがユニフォームの色を変えたら…」と1枚の画像をアップした。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、宿敵レアル・マドリード風のユニフォームを着用している1枚に「なんてことだ…カッコイイ」「これなら買う」などの声が上がっている。

 現在のサッカー界はベラルーシなど一部のリーグを除いて中断しており、欧州5大リーグをはじめ、アジアや南米などもシーズンがストップしている。サッカーの試合が見られない日々が続くなか、ブラジルメディア「Esporte Interativo」がファンに向けて一つの企画を実施した。

 公式インスタグラムで「もしライバルがユニフォームの色を変えたらどうだろう…」と1枚の画像をアップ。バルセロナのエースFWメッシ、レアルのブラジル代表DFマルセロが登場するなか、そのユニフォーム姿が話題となっている。

 バルセロナとレアルといえば、スペイン国内で激しくしのぎを削り合い、サッカー界を牽引するメガクラブだ。そのライバル関係は常に注目の的となっているなか、画像ではメッシがレアル風、マルセロがバルセロナ風のユニフォームを着用。チームロゴや背番号などはそのままに、ユニフォームの色とデザインがそっくり入れ替わっている。

 まるでメッシがレアルの10番ユニフォームを着用しているかのような加工ショットに多くのファンが反応。「やっぱり違和感がある」という声も上がったものの、軒並みレアル風のバルセロナユニフォームは好評のようだ。ファンから「バルサの白いユニフォームはいいね」「白と金のメッシも素晴らしい」「マドリスタだが…なんてことだ、バルサ版はカッコイイ」「これなら買う」などのメッセージが並んでいる。

 シーズンが中断しているなかでのユニーク企画はファンを楽しませているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング