「超人技」 神戸DF西大伍、トランポリンで“下駄ステップ”の離れ業にファン脱帽

ヴィッセル神戸がDF西大伍のトレーニング映像を公開【写真:高橋学】
ヴィッセル神戸がDF西大伍のトレーニング映像を公開【写真:高橋学】

一本歯下駄を履き、トランポリンの上でステップを続ける驚異のバランス感覚を披露

 J1ヴィッセル神戸は、新型コロナウイルスの感染拡大でリーグ戦が中断となっている期間、ツイッターとインスタグラムで過去の“お宝映像”を公開している。24日に新たにアップされた動画では、日本代表DF西大伍がトランポリンの上を一本歯下駄で難なくバランスを取っており、「バランス感覚凄い」「マイリマシタ」と注目を集めている。

 コンサドーレ札幌でプロキャリアをスタートさせた西は、アルビレックス新潟へのレンタルを経て、2011年に鹿島アントラーズへ完全移籍。在籍8年間でJ1優勝1回、ルヴァンカップ優勝3回、天皇杯優勝1回、AFCチャンピオンズリーグ優勝1回と常勝軍団の一員として名を馳せた。昨季から神戸に活躍の場を移し、今年元日の天皇杯決勝で鹿島を破り、タイトルを加えている。

 現在は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Jリーグは再三にわたって延期を決めており、最短でも6月、7~8月再開も視野に入れる状況となっている。そんななか、神戸は公式SNSで今日のお宝映像は昨年のトレーニングから!」と綴って一本の動画をアップした。

 映像では、一本歯下駄を履いた西がトランポリンの上をポンポンと跳ね、途中からダッシュを想定してその場で高速ステップ。25秒以上続けるなかでほとんどバランスを崩さず、途中にカメラ目線に移行するほどの余裕を見せている。

「下駄を履いてトランポリンでステップを踏む西選手です。超人技ですね」

 このようにメッセージが添えられた投稿に対し、ファンからは「しかも1本足のげた?」「バランス感覚凄い」「マイリマシタ」「しびれるー」と感嘆の声があがっており、改めて西の能力の高さが注目を集めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング