「えっ。えっ。きつい」 柏木陽介、金髪時代の謎の“土俵入りポーズ写真”を自虐投稿

浦和レッズMF柏木陽介が金髪時代の謎写真を投稿【写真:Getty Images】
浦和レッズMF柏木陽介が金髪時代の謎写真を投稿【写真:Getty Images】

相撲部屋の土俵をバックに取った“珍ポーズ”にファンも反応「戦隊ものヒーローみたい」

 浦和レッズの元日本代表MF柏木陽介が公式インスタグラムを更新。金髪時代の“珍ポーズ”写真をアップし、「戦隊ものヒーローみたい」とファンの間で注目を集めている。

 サンフレッチェ広島ユース出身の柏木は、2006年に広島のトップチームに昇格。ワールドユース(現U-20ワールドカップ)に出場して“調子乗り世代”の一人として注目を集め、所属クラブでも主力の座をつかんだ。

 2010年に浦和へ移籍。16年から「10番」を背負い、18年から2年連続でキャプテンを担った。2月21日に行われた湘南ベルマーレとの今季開幕戦でも先発出場し、3-2の勝利に貢献している。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、中断中のJリーグは現在、再開の目途が立っていない。浦和もチーム活動を休止しているなかで、柏木はインスタグラムで若かりし日の写真を一枚公開した。

「えっ。えっ。きつい。何年前やろ。ポーズもイマイチ。自分きつい」

 自虐的メッセージが添えられた写真は、相撲部屋の土俵をバックに金髪姿の柏木が土俵入りポーズを取る斬新な構図となっている。コメント欄には「どすこい」「戦隊ものヒーローみたい」「やっぱり金髪似合いますね」といった声が寄せられ、ファンを楽しませていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング