松井大輔、一人ヨガ挑戦で連続ポーズ投稿も自虐ツッコミ 「江頭2:50にしか見えない」

横浜FCの松井大輔がSNSを更新【写真:高橋学】
横浜FCの松井大輔がSNSを更新【写真:高橋学】

携帯で検索しながらヨガポーズ模索も迷走…「誰かヨガ教えて下さい」

 横浜FCの元日本代表MF松井大輔が公式インスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が続くなか、ヨガに挑戦したことを報告しつつ、自ら「#松井2:50分」と命名して笑いを誘っている。

 京都府で生まれ育った松井は、高校に上がると同時に地元を離れ、鹿児島の強豪である鹿児島実業高に進学。2学年先輩で桜島出身の元日本代表MF遠藤保仁(ガンバ大阪)らとプレーし、2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)へ入団した。04年に夢だったフランスへ渡り、複数クラブを経てロシアやブルガリア、ポーランドなどでプレー。14年にジュビロ磐田へ加入し、ポーランド2部オードラ・オポーレへの移籍後、18年に横浜FCへ完全移籍した。

 昨季は24試合2得点でJ1昇格に貢献。2月23日のヴィッセル神戸との今季開幕戦(1-1)はベンチ入りするも出場なしに終わったが、“再出発”に士気を高めている。だが、現在Jリーグは新型コロナウイルスの影響により中断しており、再開の日程も白紙となっている。

 4月7日には7都道府県に緊急事態宣言も出され、外出自粛を強いられる状況が続くなか、38歳の松井は自宅での様子を公開。「ヨガ ナマステ」と綴り、「しっかり携帯で調べてポーズ、ポーズ、ポーズ」と計6枚の写真をアップした。

 黒い長ズボンに上半身は裸という“臨戦態勢”で様々なポーズを取るも、本人的にはしっくりこなかった様子。「1つ分かったのは江頭2:50にしか見えない。そして誰かヨガ教えて下さい」と上半身裸に黒タイツをトレードマークとするお笑い芸人の江頭2:50さんを引き合いに出し、笑いを誘った。

 ハッシュタグでは、「#ある意味ヨガ」「#江頭2:50分」「#松井2:50分」「#体やらかくなりたい」と自身の名前になぞらえたフレーズも投稿。「おもしろすぎっ!」「長友選手に教えてもらうのはいかがでしょう?」「サイコーです」とファンからも声があがっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング