ファン・ダイクが“条件付き”ドリームチーム選出 前線には韓国エースもリスト入り

リバプールDFフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】
リバプールDFフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】

リバプール以外の選手から選出 シティ以外からはオーバメヤンとソン・フンミンが入る

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは、今や世界最高のセンターバックの1人という評価を確固たるものとしている。そんなファン・ダイクが“リバプール以外のチームから”プレミアリーグのドリームチームを選出した。英メディア「GIVE ME SPORT」などが伝えている。

 ファン・ダイクは2018年1月に当時DF史上最高額となる移籍金7500万ポンド(約94億円)でサウサンプトンからリバプールに加入し、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献。2019年度のバロンドール投票ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位に入り、世界最高のセンターバックとしての評価を確立した。

 現在、プレミアリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断しているが、ファン・ダイクは「プレミアリーグ・プロダクション」のインタビューに登場。「リバプールの選手以外」という条件付きで「プレミアリーグの選手で5人制サッカーの“ドリームチーム”を作るなら」というテーマに回答し、それぞれの選出理由にも言及した。

 ファン・ダイクの選出した“ドリームチーム”は以下の5人。

GK
エデルソン(マンチェスター・シティ/ブラジル代表)

DF
アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/フランス代表)

MF
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー代表)
ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)

FW
ピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン代表)

 リーグのライバル的存在であるシティから3選手が選出されたことは自然なことと言えるだろう。ファン・ダイクは「今季は優れたGKが多いが、そのなかでもベスト」(エデルソン)、「自身の重要性をチーム内で示している」(ラポルテ)、「グッドガイであり、素晴らしいプレーヤー」(デ・ブライネ)と、それぞれに称賛の言葉を送りつつ、「まるでシティの選手しかいないみたいじゃないか!」とおどけている。

 一方、前線にはシティ以外の選手が2人選出された。昨季のプレミアリーグ得点王のオーバメヤンと、ソン・フンミンの“ロンドン勢”だ。

 オーバメヤンは「(シティの)アグエロにすることもできたが、アーセナルに来てからの活躍を考慮した」と選出の理由を説明。今やプレミアのトップスターに上り詰めたソン・フンミンについては、「スピードがあり、力強い。DFにとってピッチ上を地獄に変えてしまう。両足での正確なフィニッシュも持つ」と絶賛していた。

 センターバックとしてプレミアの猛者たちと切磋琢磨してきたファン・ダイク。その経験から選んだ“ドリームチーム”は、対戦相手を恐怖に陥れるであろう5人となっている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング