“前世”は「レッサーパンダ」!? 川崎FW小林悠、自身の“生まれ変わり”的中に驚愕

川崎フロンターレFW小林悠【写真:荒川祐史】
川崎フロンターレFW小林悠【写真:荒川祐史】

公式インスタグラムでアプリを使用した様子を公開

 J1川崎フロンターレの元日本代表FW小林悠が公式インスタグラムを更新した。“前世の動物”が分かる携帯アプリを使用したところ、予想通りの「レッサーパンダ」だったことに驚愕。その瞬間を捉えた動画を公開し、ファンから「似てます!」「可愛すぎ」など反響を呼んでいる。

 小林は拓殖大学から2010年に川崎へ入団。ストライカーとして地位を確立すると、主将を務めた17年には23ゴールで得点王に輝いた。この年、J1リーグ優勝に貢献して年間MVPも獲得。18年には2連覇を達成、昨季は31試合13得点と4年連続の二桁ゴールを記録し、ルヴァンカップ決勝の北海道コンサドーレ札幌戦では2ゴールで大会初優勝に導いた。

 今季は2月22日に行われたサガン鳥栖との開幕戦で途中出場。0-0の引き分けに終わったが、2年ぶりのリーグ制覇に期待が懸かる。現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて公式戦が中断しており、3月25日にはJ1において4月の全公式戦に加え、5月第1週に開催予定だった第12節の延期が決定。各クラブは工夫を凝らして練習を続けている。

 そんななか、小林は公式インスタグラムを更新。練習の合間、携帯アプリを使用して“前世の動物”を調べて盛り上がったようだ。小林は「生まれ変わり ソンリョンがInstagramで載せてたのを見て、俺にもやってー とお願いしてやってもらいました」と説明。チームメートの韓国代表GKチョン・ソンリョンに頼み、アプリを使用してもらったという。

 そこで、驚くことが起こったようだ。「この時となりで彰悟が食べていたのでジョーダンで『俺って可愛い顔してるから多分レッサーパンダかなー?笑』と言っていたら、、、 笑。自分が一番ビックリでした。笑」と、自らが予想していた通り、“前世”はレッサーパンダと判定されたことに驚愕。ファンからも「似てます!」「流石、自分を良く知ってらっしゃるわ」「可愛すぎにも程がある」「レッサーパンダの自覚が既にあるんですね。笑」「あ~たしかに、レッサーパンダぽい(笑)」といった声が寄せられた。

 川崎の仲の良さがうかがえる、微笑ましいやり取りとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング