東京五輪延期、Jリーグへの影響は? 平日開催増、選手の調整難、開幕前倒し…課題山積

Jリーグもコロナウイルスの影響で延期となった(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
Jリーグもコロナウイルスの影響で延期となった(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

U-23世代の選手たちからは、今気にしてもしょうがないのでトレーニングに集中の声

 世界的な問題に拡大している新型コロナウイルス騒動。欧州では選手やスタッフからも陽性が相次ぎ、軒並みリーグが中断されている。すでにEURO2020の本大会とコパ・アメリカの来年への延期が決まり、それに伴い来年6~7月に中国で行われる予定だったクラブワールドカップも延期になった。

 そうした状況のなか、今夏に予定されていた東京五輪は1年程度延期する方針で、Jリーグの今シーズンと来シーズンの日程も大きく影響を受けそうだ。今シーズンの前半戦は東京五輪に向けたメンバー選考のためのアピールの機会としても注目されていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグ中断期間が長引き、今後の情勢が不透明とあって、U-23世代の選手からも五輪には出たいけれど、今気にしてもしょうがないので所属クラブのトレーニングに集中するしかないと言った声が多く聞かれる。

 伸び盛りのU-23の選手たちにとっては重要なアピールのチャンスが失われたわけだが、五輪延期により、そもそも開幕は少し先の話になる。つまり、通常開催ではメンバー入りが厳しい選手であっても、延期によってメンバーに食い込む余地が出てきたわけだ。

 五輪に関しては各競技の予選すら済んでおらず、競技や国地域によってはトレーニングすらまともにできていない状況で1年程度延期の方針となった。今回は来夏に延期された場合を想定して話を進める。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング