堂安律は「PSVでも成功する」 元フローニンゲン強化部長が太鼓判「日本人にしては…」

PSVでプレーする日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】
PSVでプレーする日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】

フローニンゲンに引き抜いたナイランド元強化部長が称賛「彼はプロフェッショナル」

 オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律は、昨年12月の監督交代後、我慢の時が続いている。同国のサッカー専門誌「Voetbal International」のポッドキャストで、PSV番記者と元フローニンゲンの強化部長が日本人レフティーについて議論を展開。「PSVでも成功すると思っている」と期待が寄せられている。

 フローニンゲンの2年間でリーグ戦61試合14得点を記録した堂安は、今季2試合に出場した段階で同じオランダ国内の強豪PSVへ完全移籍。新天地で公式戦25試合に出場して2得点を挙げているが、昨年12月16日にマルク・ファン・ボメル監督からエルネスト・ファベル新監督に代わって以降は13試合中9試合(先発3試合)と出場機会が減り、3月8日のリーグ第26節フローニンゲン戦(1-0)で約1カ月半ぶりの公式戦スタメンを飾った。

 オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」はポッドキャストで、PSV番記者のレオン・ブーリンハ氏とかつて堂安をフローニンゲンにリクルートした元強化部長のハンス・ナイランド氏を迎えて、「PSVにとって貴重な戦力になるか」というテーマで議論を展開。堂安が主戦場とする右サイドはオランダ人MFモハメド・イハッターレンがレギュラーに座り、フローニンゲン戦で起用された左サイドもオランダ人FWコディ・ガクポ、ポルトガル代表FWブルーマがひしめいているが、「PSVで頭角を現すと思うか」との質問にブーリンハ記者が見解を述べている。

「それは思う。昨夏に5年の契約を結んでいる。日本の人気選手だということも含まれているし、スポンサーも絡んでいるし、PSVが日本のマーケットをターゲットにしていることも関係している。だからこそ、PSVも彼が活躍できるように精一杯サポートするだろう。現代のMFは攻撃だけではなく、守備でも貢献しなくてはいけない。そういう意味ではまだまだ可能性はある。彼にはまだ伸びしろがたくさんあるし、まだまだ成長しきっていない」

 一方、「堂安のどのような面に惹かれてフローニンゲンに引っ張ってきたのか?」と尋ねられたナイランド元強化部長は、2017年に韓国で行われたU-20ワールドカップでの印象を語っている。

「右サイドで自由にプレーをし、中にも入ってきていた。素晴らしい左足を持っていたし、ボールを奪うことが難しい選手だった。ドリブル突破もでき、スタミナもあった。フローニンゲンではそういう面を見せられたが、まだPSVでは見せられていない。日本人にしてはすごくオープンな子だ。日本人はどちらかと言うとシャイであまり我を見せないイメージがあるが、彼の場合はそういう部分はない。彼はプロフェッショナルで、成功するためになんでもする。だから、私はPSVでも成功すると思っている」

 堂安はオランダ屈指の強豪PSVでレギュラーの座をつかめるのか。今後の成長曲線を占ううえで重要なポイントになるだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング