王者リバプール、CL16強で衝撃敗戦の戦犯は? 各英メディアが最低評価「最悪の大失態」

CLアトレティコ戦に臨んだリバプールの先発メンバー【写真:Getty Images】
CLアトレティコ戦に臨んだリバプールの先発メンバー【写真:Getty Images】

GKアドリアンが痛恨ミス、本拠地アンフィールドでアトレティコに痛恨のアウェーゴール献上

 リバプールは現地時間11日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、延長戦の末、ホームで2-3と敗れた。これにより、2戦合計スコア2-4で前回王者の敗退が決定した。英紙は本拠地アンフィールドで衝撃の逆転負けを喫した戦犯に、この日先発したGKアドリアンを名指ししている。

 2月18日に行われたCLラウンド16第1戦のアトレティコ戦では、敵地で自慢の攻撃力を封じられ、0-1の敗戦を喫した。ホームでの第2戦では練習中に負傷したブラジル代表GKアリソンに代わってGKアドリアンを起用。中盤ではブラジル代表MFファビーニョを外し、負傷明けのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンをアンカーで起用する攻撃的なシステムで臨んだ。

 試合は序盤から本拠地アンフィールドの大歓声を背にリバプールが猛攻を仕掛けると、0-0で迎えた前半43分、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの右サイドからのクロスをオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがヘディングで叩き込み先制に成功する。その後はアトレティコの堅守をこじ開けられず、試合は延長戦に突入した。そして延長前半4分、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが勝ち越しゴールを奪取する。

 しかし、悲劇はその後に待ち受けていた。延長前半7分、アドリアンのキックミスを拾われると、その流れからアトレティコのMFマルコス・ジョレンテが右足でミドルシュート。セーブを試みるアドリアンだったが、足を滑らせたことで反応しきれず、ネットを揺らされ痛恨のアウェーゴールを献上した。さらに、同アディショナルタイムにもジョレンテにミドルシュートを叩き込まれ、2-2の同点とされると、2点のアウェーゴールを与えたことで前がかりとなったリバプールは、後半アディショナルタイムに相手FWアルバロ・モラタに追加点を許し、万事休すとなった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング