CL王者リバプール、ホームで屈する… アトレティコに延長戦で3失点、2戦合計2-4で16強敗退

殊勲の2ゴールを決めたアトレティコMFジョレンテ【写真:Getty Images】
殊勲の2ゴールを決めたアトレティコMFジョレンテ【写真:Getty Images】

無類の強さを誇る本拠地アンフィールドも…延長戦の連続失点で2-3敗戦

 リバプールは現地時間11日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦でアトレティコ・マドリードと対戦し、延長戦の末、ホームで2-3と敗れた。これにより、合計スコア2-4で前回王者の敗退が決定した。

 2月18日に行われたCLラウンド16第1戦のアトレティコ戦では、敵地で自慢の攻撃力を封じられ、0-1の敗戦を喫した。ホームでの第2戦では複数得点での勝利が必須となるなか、リバプールは練習中に負傷したブラジル代表GKアリソンに代わってGKアドリアンを起用。中盤ではブラジル代表MFファビーニョを外し、負傷明けのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンをアンカーで起用する攻撃的なシステムで臨んだ。

 試合は序盤から本拠地アンフィールドの大歓声を背にリバプールが猛攻を仕掛けると、0-0で迎えた前半43分、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの右サイドのクロスからオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがヘディングで叩き込んで堅守アトレティコの牙城を打ち破り、2戦合計スコアで並んだ。

 後半に入っても果敢に攻め込むリバプールは後半21分に右サイドのクロスをスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが頭で合わせるが、惜しくもバーを直撃する。その後も幾度となくアトレティコのゴールマウスを脅かすもネットを揺らすことができない展開が続くと、同アディショナルタイム、FKからヘディングを突き刺され悲劇的な結末を迎えたかに思われたが、オフサイド判定で危機を凌ぎ、そのまま延長戦に突入した。

 延長前半4分、右サイドのクロスをブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが合わせたヘディングシュートはポストに当たるが、跳ね返ったボールを押し込んで追加点を決める。しかし、その3分後、アドリアンのミスから決定機を与えると、相手MFマルコス・ジョレンテにゴールを献上。さらに同アディショナルタイム、再びジョレンテが右足を振り抜き同点弾を決められてしまう。

 延長後半8分に日本代表MF南野拓実が投入されるも、延長戦でもアウェーゴール制度が適応されることもあり、立て続けの2失点が重くのしかかり、終了間際にもFWアルバロ・モラタに3点目を奪われ前回王者の敗退が決定。リーグ戦ではプレミア史上最多となるホーム22連勝を記録し、要塞アンフィールドで無類の強さを誇っていたリバプールだが、闘将ディエゴ・シメオネ監督の前に屈する結末となった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング