バレンシア、CL無観客試合を見守った“唯一のサポーター”に脚光 「観客としてそこに…」

バレンシアとアタランタの第2戦は無観客で行われた【写真:Getty Images】
バレンシアとアタランタの第2戦は無観客で行われた【写真:Getty Images】

昨年死去したサポーターのナバーロさんの銅像が注目される

 バレンシアは現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16アタランタ戦の第2戦に臨み、3-4の敗戦。2試合合計4-8で敗退が決定した。この試合は無観客で行われたが、そこに居合わせた“唯一のサポーター”が話題を集めている。

 バレンシアはアウェーでの第1戦を1-4で落とし、ホームでの大逆転を期して第2戦を迎えた。しかし、欧州でも感染拡大中の新型コロナウイルスの影響で、無観客での開催が決定。ホームサポーターの後押しを受けられない状況で、キックオフの瞬間を迎えた。

 試合は開始直後の前半3分にアタランタのスロベニア代表FWヨシップ・イリチッチに先制ゴールを決められ、苦しい展開に。同21分には元フランス代表FWケビン・ガメイロが同点としたものの、同43分には再びイリチッチに引き離されてしまう。

 それでもバレンシアは後半6分にガメイロの2点目で同点とすると、同22分にはMFフェラン・トーレスが逆転弾を記録。そのまま勝ち切りたいところだったが、同26分、37分とイリチッチにゴールを割られ、打ち合いとなった一戦を3-4で落とした。この結果、CLからの敗退が決定している。

 無観客によってホームでのアドバンテージを一つ失っていたことは間違いないバレンシア。悔しい敗退劇となったなか、脚光を浴びているのはこの試合でバレンシアのホームスタジアムであるメスタージャにいた“唯一のサポーター”だ。スタンドにはある人物の銅像が腰掛けていた。

 スペイン紙「マルカ」は「1人のバレンシアファンが観客としてそこにいた。彼の名前はビセンテ・ナバーロ。生涯をバレンシアサポーターとして過ごし、54歳の時に失明しても試合に通い続けた人物だ」と紹介。2019年にナバーロさんが死去してから、バレンシアは彼がいつも座っていた席に銅像を設置した。奇しくも無観客試合によって、その存在がフォーカスされることになっている。

 多くのファンにとって残念な無観客試合だが、そんな時でもスタンドからチームを見守るというのは、生涯を懸けてバレンシアを愛し続けたナバーロさんの“特権”なのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング