マンC、デ・ブライネへクラブ最高120億円で契約延長提示か ベルギー代表監督「コミット」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ【写真:Getty Images】

UEFA主催大会へ2年間の出場禁止処分も…大型の年俸24億円5年契約を提示か

 マンチェスター・シティは来季から2シーズンにわたって、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)主催の大会への出場禁止処分が科される見込みだ。この処分によって、主力の多くが移籍するのではないかと言われているが、シティは中心選手でもあるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの残留に向けて動くという。英メディア「エキスプレス」が報じている。

 今シーズンのデ・ブライネは、シティで素晴らしいシーズンを過ごしている。元フランス代表FWティエリ・アンリが記録したシーズン20アシストの記録を塗り替える可能性もある。その活躍に応じてクラブは、デ・ブライネをクラブで最高額となる契約を提示し、UEFAの大会への出場停止処分の期間もクラブに留めておく考えだという。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第1戦レアル・マドリード戦(2-1)で、ゴールとアシストを記録したデ・ブライネに対し、シティは年俸1800万ポンド(約24億円)の5年契約を提示するという。

 2015年にヴォルフスブルクから加入したデ・ブライネは、すでに200試合以上に出場している。この期間で50点ゴール86アシストを記録した。絶対的な選手となっているデ・ブライネだが、2シーズンにわたってUEFA主催大会への出場が禁止される可能性が浮上し、他のシティの選手たちとともに残留が危ぶまれていた。しかし、ベルギー代表のロベルト・マルチネス監督は、シティに残る可能性を示唆している。

「デ・ブライネはシティのプロジェクトにコミットしている。だから、私たちは何が起こるか分からない。出場禁止処分が1年に軽減されるかもしれないからね。2年間になれば、シティには大きな意味合いを持ってくる。だが、その話をするのはまだ早いと思う。まだ将来のことを考えている人はいないだろう。すべてが明確になってからだと思う」

 世界屈指のチャンスメーカーとなったデ・ブライネは、どのような決断を下すのか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング