マジョルカ久保、スペイン紙厳選“今節のベスト11”に選出 「偉大な主役になった」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

エイバル戦で価値ある追加点を決め、1部残留に向けて貴重な勝ち点3獲得に貢献

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦(2-1)で貴重な追加点を挙げ、今季アウェー初勝利に貢献した。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は“今節のベスト11”の1人に久保を選出し、「偉大な主役になった」と称えている。

 3試合連続スタメンとなったエイバル戦で右サイドに入った久保は前半41分、敵陣左サイドに抜けてドリブル突破を仕掛けると、ペナルティーエリア手前でエイバルDFアナイツ・アルビージャに倒されてファウルの判定。このFKをMFダニ・ロドリゲスが直接決めて、アウェーのマジョルカが先制した。

 後半もカウンターの起点になるなど、エイバル守備陣にとって危険な存在になった久保は、同33分に歓喜の瞬間を迎える。カウンターから右サイドをMFアレハンドロ・ポソが抜けると、ペナルティーエリア手前で待ち構えた久保にパス。ボールを受けた久保は右に持ち出し、ベティス戦と同様に右足を振り抜くと、シュートが左ポストをかすめてゴールに吸い込まれた。

 値千金の今季3点目を挙げた久保。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はゴールを決めたアトレティコ・マドリードのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらとともに第27節のベスト11に久保を選出。個人寸評では、「マジョルカの日本人選手はエイバル戦後半に勝利につながる得点を決め、偉大な主役になった。1部残留を夢見ることができる自信をチームにもたらした」と高評価を与えている。

 エイバル戦に勝利したとはいえ、マジョルカは依然として降格圏の18位。1部残留に向けて、久保のさらなる活躍は不可欠と言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング