マジョルカ久保、今季3点目の大活躍も殊勝コメント 「一番大事なことは勝利」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

先制点につながるFK獲得に加え、右足での“ゴラッソ”で勝利に貢献

 マジョルカの日本代表MF久保建英はリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦(2-1)で今季3ゴール目を決め、先制点につながる直接FKも獲得するなど、チームの勝利に大きく貢献した。試合後、久保は「一番大事なことは勝利です」と殊勝なコメントを残している。

 3戦連続でスタメン出場した久保は3-4-3の右ウイングに入った。サイドでの突破とともに全体のバランスを見て左や中央と柔軟に動きを見せる。すると前半41分に左サイドで仕掛けたドリブル突破に相手DFがたまらずファウル。直接FKを得るとダニ・ロドリゲスの右足が唸り、先制点を奪った。

 後半も最終ラインの裏抜けを狙うなど、久保はゴールへの意識を見せると、後半33分にも再び歓喜をもたらす。ペナルティーエリア外正面でパスを受けた久保は切り返しから躊躇せず利き足ではない右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に収まり、スキルの高さを周知させるゴラッソとなった。

 2月21日のベティス戦以来、2試合ぶりの得点をマークした久保。ゴールの直後に韓国代表MFキ・ソンヨンと交代となり、マジョルカはエイバルの反撃をアディショナルタイムの1点にとどめて残留争いのライバル相手に大きな勝利を挙げた。

 チームはクラブ公式ツイッターによると久保は試合後「一番大事なことは勝利です。ファンは8カ月の間(アウェーでの勝利を)待っていました。僕たちは今日それを達成できた」とコメントしている。終盤戦に入って立て続けに決定的な仕事をしたことで、久保の存在がさらにピックアップされることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング