決勝弾の久保に海外メディアが最高評価! マジョルカをアウェー初勝利に導く殊勲の活躍

先発出場し決勝点を決めたMF久保建英【写真:Getty Images】
先発出場し決勝点を決めたMF久保建英【写真:Getty Images】

エイバル戦で今季3ゴール目を記録した久保が両チーム合わせて最高評価となる「7.8点」

 マジョルカは7日、リーガ・エスパニョーラ第27節でエイバルと対戦し、敵地で2-0と勝利を収めた。先発出場した日本代表MF久保建英は後半33分に今季3ゴール目となる追加点を決め、今季初のアウェー戦勝利に大きく貢献した。海外メディアは殊勲の久保に対し、両チーム合わせた最高評価を与えている。

 2月21日に行われた第25節ベティス戦(3-3)で6試合ぶりに先発出場した久保は、1ゴール1アシストの活躍を披露。第26節ヘタフェ戦(0-1)に続き、エイバル戦でも3試合連続となるスタメンに名を連ねた。一方、エイバルのMF乾貴士はベンチ外となり、“日本人対決”が実現することはなかった。

 マジョルカは今季アウェー戦で2分10敗と未勝利が続いていたが、前半41分に左サイドをドリブル突破した久保が倒されてFKを獲得。キッカーを務めたMFダニ・ロドリゲスが直接叩き込み先制に成功した。そして1-0で迎えた後半33分、日本の至宝が技ありの一撃を決める。

 ペナルティーエリア手前でパスを受けた久保は即座に相手守備陣に囲まれるも、右に持ち替えてシュートコースを生み出すと、そのまま利き足とは逆の右足を一閃。グラウンダーのシュートが相手GKの逆を突いてゴール左隅へと流れ込んだ。後半アディショナルタイムに失点するも、久保の決勝弾で今季初のアウェー戦勝利を手にした。

 英サッカーデータサイト「Whoscored.com」は、殊勲の久保に対し両チーム合わせて最高評価となる「7.8点」を与えた。依然として降格圏の18位にとどまるマジョルカだが、アウェーでの貴重な勝ち点3は今後の反撃に向け好材料となることは間違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング