バルサ英雄リバウド、“孤立無援”の10番を擁護 「攻撃を背負っているのはメッシだけ」

クラシコで無得点となったFWリオネル・メッシをリバウド氏が擁護【写真:Getty Images】
クラシコで無得点となったFWリオネル・メッシをリバウド氏が擁護【写真:Getty Images】

クラシコで無得点に終わり、リバウド氏が見解「彼を助けられる選手はいないようだ」

 バルセロナは現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節レアル・マドリード戦で0-2と敗れた。バルサOBの元ブラジル代表FWリバウド氏は、エースのアルゼンチン代表リオネル・メッシの常に何かを起こそうという姿勢を評価しつつも、チームメイトが同じ熱量でないことを気の毒に思うと語っている。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

 伝統の“エル・クラシコ”で敵地サンティアゴ・ベルナベウに乗り込んだバルセロナだが、後半26分にレアルFWヴィニシウス・ジュニオールに右サイドを突破され、力強いドリブルから先制点を叩き込まれた。さらに同アディショナルタイムには、途中出場の相手FWマリアーノ・ディアスに決定的な2点目を許した。

 リバウド氏は英ブックメーカー「Betfair」の自身のコラムで、「キケ・セティエンの選手たちはエル・クラシコが彼らにとってラ・リーガでトップを走るための大きなチャンスであると分かっていた。サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで負けて、シーズンの重要なステージでチャンスを水の泡にしたことを反省すべきだ」との見解を示した。

 レアルの包囲網の前に無得点に終わったメッシについても、リバウド氏はコラムで綴っている。

「メッシにはいつもの通り、ほんの少しのスペースしかなかった。彼はバルセロナで違いを生み出す選手であり、彼が抑えられたら、バルセロナが攻撃で相手を脅かすチャンスは大幅に減少する。現状、バルセロナでペナルティーエリア外からシュートをしたり、相手DFを崩そうとして、攻撃を背負っているのは彼だけ。その分野において、チーム内で他の誰も彼を助けられる選手はいないようだ」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング