「絶え間ない脅威を与えた」 南野演出の決定機に英紙注目「マネへの見事なパスになった」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはチェルシーに0-2で敗戦 先発フル出場の南野は決定機に絡むも不発

 リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2で敗れた。日本代表MF南野拓実はフル出場を果たしたが、不発に終わった。英地元紙は決定機を生み出した南野に対し、「絶え間ない脅威を与えていた」と惜しみない賛辞を送っている。

 リバプールは2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗を喫し、リーグ18連勝、無敗記録44試合が途絶えた。過密日程を強いられるなかで主力のおよそ半数を休ませ、3トップの最前線に南野を配置。右ウイングにセネガル代表FWサディオ・マネ、左ウイングにベルギー代表FWディボック・オリギが入った。

 前半13分にミスから失点を喫したリバプールは、0-1で迎えた同20分、南野が右サイドのクロスをゴール前で受けて絶好の決定機を迎えるが、シュート寸前で相手DFアントニオ・リュディガーに妨害され打ち切れなかったが、結果的にマネへのパスとなり、ゴール目前でシュート。しかし、相手GKケパがスーパーセーブで弾き出した。

 こぼれ球をリバプールの選手が立て続けに詰めるも、再びケパのセービングに阻まれ、ゴールを奪いには至らなかった。それでも英地元紙「リバプール・エコー」は「南野が意味をもたらす先発」と、新戦力の日本人アタッカーが決定機を演出したと指摘している。

「背番号9番の役割を担い、序盤はシャープに見え、リュディガーのクリアを防いでチャンスを演出した。マネへの見事なパスとなったが、ケパに即座に拒まれたリバプール三人衆の1人となってしまった。南野はチームメートとの相互理解が向上したことを証明し、特に前半のマネとの連携は最終ラインに絶え間ない脅威を与えていた」

 南野について「この日本人が本領を発揮するのは来季となるだろうが、彼の勇気付けるパフォーマンスは暗い夜をわずかに照らす希少な光となった」と称賛している。後半は存在感を失くした南野だったが、前半に見せていたプレーは今後リバプールで戦っていくうえでポジティブな材料となったかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング