「タクミは完璧にフリーだった」 クロップ、“南野未確認”の選手に苛立ち「1、2度見れば…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督(左)とMF南野拓実【写真:Getty Images&AP】
リバプールのユルゲン・クロップ監督(左)とMF南野拓実【写真:Getty Images&AP】

リバプールはチェルシーに0-2で黒星 南野は先発フル出場も不発

 リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2と敗れた。日本代表MF南野拓実はフル出場を果たすも不発に終わった。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「我々はもっとタクミを生かすことができたはずだ」と主張している。

 リバプールは、現地時間2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗を喫し、リーグ18連勝、無敗記録44試合が途絶えることになった。過密日程を強いられるなかで主力のおよそ半数を休ませ、最前線に南野を配置した。

 前半13分にミスから失点を喫し、0-1で迎えた同20分、右サイドのクロスをゴール前で受けて絶好の決定機を迎えるが、シュート目前に相手DFアントニオ・リュディガーに体を入れられ打ち切れず。その後、後半19分にカウンターの場面から追加点を許し、無得点で敗れた。

 英紙「メトロ」は「クロップはリバプールの選手たちが南野拓実にパスを出さなかったことに苛立ち」と見出しを打ち、クロップ監督の試合後のコメントを紹介。「タクミは本当に良い試合を演じた。我々はもっとタクミを生かすことができたはずだ」と指摘している。

「ネコ・(ウィリアムズ)が1、2度南野を見ていれば、ボックスの端で完璧にフリーだったんだ。多かれ少なかれクロスを供給していたはずだ。もし彼がタクミを確認していれば、助けになったはずだ」

 この日は18歳DFネコ・ウィリアムズが右サイドバックに抜擢されたが、クロップ監督はフリーでスペースに走り込んでいた南野にボールを渡す機会を増やしていれば状況は変わっていたと主張した。リバプールは2試合連続で無得点と苦しんでいるが、南野のフィットは今後大きな助けとなるはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング