ジェラード監督、ランパードとの”ライバル関係”復活を希望 「チャンスをつかむために…」

代表で同僚だったランパード(現チェルシー監督)とジェラード(現レンジャーズ監督)【写真:Getty Images】
代表で同僚だったランパード(現チェルシー監督)とジェラード(現レンジャーズ監督)【写真:Getty Images】

将来的な古巣リバプール監督就任に向けて「最高の準備をしておきたい」

 リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)は、現役時代に元イングランド代表MFフランク・ランパード(現チェルシー監督)と比較され、時には代表で共存できないのではないかとも議論され続けた。ジェラードは英紙「デイリー・メール」のインタビューに、監督としても選手時代と同様のライバル関係に戻りたいとの考えを明かしている。

 ジェラードとランパードは、ともに2018-19シーズンに監督業をスタート。ジェラード監督がレンジャーズの指揮を執り続けているのに対し、ランパード監督はダービーの監督を経て、今季からチェルシーの監督に就任した。

 ジェラードは、「フランクの勇気には敬意を示すよ。世界最大のリーグで、補強禁止処分を受けていたチェルシーの指揮を執っているからね。かつてのチームメートとして、彼のことを誇りに思う」と称賛した。

 さらに「僕とフランクは自然と比較されるだろうね。現役時代から、共存できるのか? どちらがより良い選手か? と比較されたからね。その流れが今もあるけれど、現実には僕たちは全く違う仕事に就いているんだ」と、自身の考えを述べている。

 それでも、インタビューをした元リバプールのMFダニー・マーフィー氏が、監督としてのライバル関係復活を期待していると伝えると、「僕もそうなることを期待しているよ」とジェラード監督は答えた。そして、「フランクも同じ考えを持っていると確信しているよ。でも、僕は同時にジョゼ・モウリーニョのライバルにもなりたいと思っているんだ」と、現在トッテナムを率いるポルトガル人名将との対戦も熱望した。

 ジェラード監督が2人と対戦できるとすれば、プレミアリーグへ復帰することが近道になると思われる。だが、彼はユルゲン・クロップ監督がリバプールとの契約を延長した日に、レンジャーズとの契約を延長した。奇しくも両者とも24年夏までの契約となっており、クロップ監督の退任後はジェラード監督が後を継ぐことを期待する声は多い。

 それについてもジェラード監督は「長らくクラブのキャプテンを務めたし、多くのファンが戻ってきてほしいと言ってくれるのは分かるよ。でも、何よりもまずは自分がそれに相応しい力をつけなければいけない。オーナーが、それに適していると判断しないといけないからね。戻るチャンスをつかむためにも、最高の準備をしておきたい。すべてをシーズンごとに計画するのは難しい。一瞬で仕事を失うこともあるからね」と言及した。

 現時点でのリバプールへの監督としての復帰については、「まだ準備はできていないと思う」と語ったジェラード監督だが、同氏の率いるリバプールとランパード監督の率いるチェルシーの対戦を見たいと思うファンは、数多くいるはずだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング