マンU“9番”、相手4人“破壊”の技ありループ弾を海外称賛 「傑作」「おしゃれ」

マンチェスター・ユナイテッドFWアンソニー・マルシアル【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドFWアンソニー・マルシアル【写真:Getty Images】

マルシアルが華麗な連続技からループ弾 米メディア「4人を流れるように破壊」

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間23日、プレミアリーグ第27節ワトフォード戦に臨み、3-0と快勝した。本拠地オールド・トラッフォードに歓喜をもたらし、トッテナムを抜いて5位に浮上したなか、チーム2点目のゴールとなったフランス代表FWアンソニー・マルシアルの技あり弾に称賛の声が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を目指し、“トップ4”入りを狙うユナイテッドは、19位に沈むワトフォードとホームで対戦。前半42分に、今冬の移籍市場で加入したポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが自身初ゴールとなるPKを決めて先制した。そして1-0で折り返した後半13分に、背番号9をつけたマルシアルの美技が飛び出す。

 ハーフウェーライン付近でフリーでボールを受けたフェルナンデスがドリブルを開始。スピードに乗っていくなかで、相手最終ラインの背後へと右から左へダイアゴナルに抜けるマルシアルの動きを見逃さなかった。縦にスルーパスを送るとマルシアルが相手DFをかわしてGKと1対1に。左足でのシュートは飛び出したワトフォードGKベン・フォスターに阻まれたものの、はね返ったボールが再び左サイドのゴールライン際でマルシアルの足もとに収まった。

 GKフォスターも素早く立ち上がってシュートコースを切り、ワトフォードのフィールドプレーヤー3人もマルシアルの行く手を阻むように距離を詰めていく。そしてMFエティエンヌ・カプエがプレスをかけた瞬間、マルシアルは右足のバックヒールで鋭くターン。再びGKフォスターと対峙すると、相手ゴールががら空きになっているのを見逃さず、技ありのチップキックでシュートを流し込んだ。

 相手4人を翻弄したこのプレーを、米サッカー情報サイト「The 18」は、「マルシアルが4人を流れるように破壊してチップキックでフィニッシュ」との見出しをつけて報道。フランスのサッカー専門誌「Onze Mondial」も「マルシアルの傑作」と称えている。

 またユナイテッドも公式インスタグラムで、「マジカル」の言葉とともにマルシアルがループシュートを放った瞬間の写真を投稿。コメント欄ではファンも「ワールドクラス」「魔法!!!!」「素晴らしいトリック」「壮大」「おしゃれなチップ」などと称賛していた。

 2015年にユナイテッドに加入し、今季はリーグ戦で21試合10ゴールをマークしているマルシアル。近年苦戦が続く“赤い悪魔”を来季CL出場に導けるのか。終盤戦でのさらなる活躍が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド