「誰にも負けない」 J1最多タイ出場の遠藤保仁、自身が認める唯一無二の“才能”は?

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】

【インタビュー|第1回】J1最多タイの通算631試合出場を達成した鉄人に迫る

 ガンバ大阪MF遠藤保仁が23日、Jリーグ開幕戦となる横浜F・マリノス戦(2-1)でJ1最多タイとなる通算631試合出場を達成した。2018年限りで現役を引退した元日本代表GK楢﨑正剛(名古屋グランパス)に並ぶ大記録。このほど、記録達成を控えていた遠藤は合同インタビューに応じ、自身が「誰にも負けない」と感じることや、移籍についてなど、キャリアを振り返りながら心境を明かした。

 背番号7の姿が開幕戦のピッチでも輝いた。プロ23年目を迎えた遠藤は、横浜FM戦に先発出場。J1最多タイとなる通算631試合出場だけでなく、連続開幕スタメンも最多の「21」に更新した。1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに入団。この日と同じスタジアム(当時の名称は横浜国際総合競技場)で高卒1年目から開幕スタメンに名を連ねた。開幕戦で先発を外れたのは京都パープルサンガ(当時)に所属していた99年のみ。13年のJ2時代を含めて21年連続でスタメンを務めた。さらに、プロ1年目から23年連続での開幕戦出場。横浜F時代の先輩である楢﨑に並ぶJ1最多タイとなる通算631試合出場という記録ずくめの一戦とし、9年ぶりの開幕戦勝利を飾った。

 18歳でデビューし、今年で40歳。身体的な衰えを感じないと言えば嘘になる。だが、そのなかでも遠藤を駆り立てるのは試合がある、ということ。そのためには台頭する若手と切磋琢磨しながら、チーム内での競争を勝ち抜かなければいけない。毎年毎年、厳しい状況に追い込まれるなかでも、遠藤は今年も開幕戦のピッチに先発で立った。

「基本的には目の前の試合に出たいというのが大前提になってくるので、若手と同じようなことをしても体が壊れる可能性もありますし、逆にセーブしすぎて、本来やっていかなければいけないことをやっていなければ、落ちていくだけなのでその辺は難しい立ち位置ですけど、でも、元気なうちは若手と競争し合いながら、日々のトレーニングをやっていれば問題ないと思うので、それプラス自分の体と向き合ってという感じで続けていければ」

 遠藤保仁、という選手の存在意義。もちろん、偉大な現役選手ということには変わりないが、一本のパスで観客を魅了するセンスは簡単に真似できるものではない。「なぜ、そこが見えていた?」という場所にもパスが出てくる。それでも視野の広さは「年を重ねるごとに狭くなる傾向にあると思う」という。コンタクトなしで1.5だった視力も最近は1.2へと落ちた。だからこそ、自分の体の声を聞いて、工夫する。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング