「今日の久保建英が好きだ」 “名手の動き”を海外記者も称賛「攻撃を掻き立てた」

マジョルカの攻撃のリズムを変えたMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの攻撃のリズムを変えたMF久保建英【写真:Getty Images】

途中出場したアラベス戦で得点をアシストしたかに思われたが、VARの末にノーゴール

 マジョルカは現地時間15日、リーガ・エスパニョーラ第24節でアラベスと対戦し、1-0で勝利を収めた。日本代表MF久保建英は後半途中から出場し、攻撃を活性化。海外記者も惜しみない称賛を送っている。

 リーグ戦3連敗で降格圏の18位に沈むマジョルカは、この日も久保がベンチスタート。前半29分に得たPKを物にできず、0-0のまま膠着した展開が続いていたなか、後半7分に久保が投入されると、流れが一転する。

 後半9分に左サイドでFWクチョ・エルナンデスからヒールパスを受けた久保が深い位置からマイナス方向へクロスを供給。MFダニ・ロドリゲスのゴールをお膳立てしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、起点となったエルナンデスがハンドを犯していたとして取り消しとなった。

 それでも後半18分にエルナンデスが先制点を奪い、結果的にこの1点が決勝ゴールとなった。投入直後から攻撃を活性化させた久保に対し、スペイン人記者のアルベルト・ペレス氏は公式ツイッターで「久保が攻撃を掻き立てた」と投稿している。

 スペイン人記者のデイビット・デ・ラ・エラス氏は公式ツイッターで「今日の久保建英が好きだ。ますます精密となり、名手の動きだった」と称えつつ、「しかし、まだまだ改善と成長の余地は残されている。数シーズンは課題として立ちはだかることになるだろうが、ウーデゴールと類似したモデルが理想の道のりだ」と指摘した。

 1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続く久保だが、この日見せたパフォーマンスはポジティブな内容に映ったはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング