長谷部誠、“緊急出場”で好パフォーマンス 「安定感もたらした」と監督賛辞…再浮上なるか

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】5-0と大勝したアウクスブルク戦、前半30分にスクランブル出場

 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトは、現地時間7日に行われたブンデスリーガ第21節でアウクスブルクとホームで対戦し、5-0と大勝して勝ち点28の9位へと順位を上げた。

 この日スタメンから外れていた長谷部は、キャプテンのDFダビド・アブラハムが股関節を痛めたことで、前半30分から早々に途中出場。アップ時間もほとんどないなかでのスクランブル出場となったわけだが、そこはベテランの味をしっかりと見せてくれた。

 アブラハムに代わってキャプテンマークをつけてピッチに立つと、すぐに攻守のバランスを取りながら中盤でゲームをコントロールしていく。その質の高いプレーぶりに、アディ・ヒュッター監督は試合後の記者会見で「マコトはチームに安定感をもたらしてくれた」と、素直に賛辞の言葉を送っていた。

「(交代で)入る時は少し難しさを感じましたけど、その前に試合の流れというか展開を見て、自分が入ったらこうしようというのは考えながらやっていたので。スムーズには入れたかなと思いました」(長谷部)

 4-3-3システムのアンカーに入った長谷部が狙っていたのは、中盤での起点作りだ。両チームのシステムの噛み合いから中盤で上手く数的有利が作れていたはずのフランクフルトだが、序盤はそこを生かせずに、ロングボールを蹴り込むシーンが少なくなかった。

「中盤のところで数的優位になっていたので、しっかりと自分のところでボールを受けて、前を向いてしっかりつなぐと。そういうところでゲームのリズムを作ろうかなというのはありました」

 その言葉どおり、長谷部は中盤の底で落ち着いてゲームをコントロールしていく。テンポ良くパスを展開するだけではなく、時折あえて攻撃のスピードを遅らせて、自分たちのリズムを作り出す。アウクスブルクが終始フリーになる長谷部のところに最後まで手立てを講じられず、後半そのまま崩れていった部分はあるものの、無失点&大量得点で勝利できたことは、リーグ後半戦で巻き返しを図るチームにとって間違いなく大きな結果となった。リーグ戦ここ3試合で勝ち点7、DFBポカールではRBライプツィヒを下して準々決勝に進出している。2020年に入ってまだ負けがない。長谷部もチームの好調さを感じている。

「監督も言ってますけど、システムどうこうというよりは、みんなが戦術的にもしっかり規律を持ってやっているし、みんな走っているし、戦っているし、やることはハッキリしている。前半戦の最後、疲れから体と頭がなかなかフィットしていない、動けていない感じがあったので」

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング