J2京都、“新スタジアム”をお披露目! 建築家、選手、サポーターが語る魅力とは?

ゴール裏スタンドからピッチまでの距離は10.5m。選手がゴールに向かってくるシーンは迫力満点 【写真:Noriko NAGANO】
ゴール裏スタンドからピッチまでの距離は10.5m。選手がゴールに向かってくるシーンは迫力満点 【写真:Noriko NAGANO】

新加入FW陣も驚愕 ウタカ「ファンタスティック」、李「素晴らしいスタジアム」

 2月9日、京都サンガF.C.の新しい本拠地となる「サンガスタジアムby KYOCERA」(京都・亀岡市)のこけら落としとして、セレッソ大阪とのプレシーズンマッチが開催された。

 この日、サンガスタジアムがある亀岡は、雪が舞う冷え込みとなったが、新スタジアムは1万7938人の観客が集まって賑わいを見せ、両チーム合わせて計5ゴールが入った。

 新スタジアムでプレーした感想について、京都の新加入FWピーター ウタカは、「本当にファンタスティックでビューティフル、アメージングなスタジアム。プレミアみたいな感じ」と語り、FW李忠成は「素晴らしいスタジアム。これだけ人数が入るとサッカーは面白いんだということを京都の人たちに知ってもらえたらいいなと思う」と力を込めた。

 サンガスタジアムは、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどの専用球技場で、総事業費約176億円、2万1600人収容。スタジアムの場所は、京都駅からJR嵯峨野線快速・園部行きで19分、JR亀岡駅から徒歩3分の好アクセスだ。「サンガスタジアムby KYOCERA」とスタジアム名にクラブ名が入るのは珍しい。

 ネーミングライツを獲得した京セラは、毎年1億円を20年間にわたり支払う契約で、「サンガスタジアム」という呼称が地域に定着しそうだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング