韓国のC・ロナウド「欠場騒動」、主催者敗訴でファン1人あたり3万4000円賠償命令

C・ロナウドが欠場した試合、訴訟へ発展して判決【写真:Getty Images】
C・ロナウドが欠場した試合、訴訟へ発展して判決【写真:Getty Images】

昨年7月のユベントス対Kリーグ選抜戦でC・ロナウドが欠場、訴訟へ発展して判決

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2019年7月26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、韓国ファンによる訴訟へと発展していた問題で、4日に裁判所が主催者側に対してファン1人あたり37万1000ウォン(約3万4000円)を支払うように命じた。総合ニュースサイト「NEWSIS」など韓国メディアが一斉に報じている。

 昨夏にユベントスはアジアツアーを敢行し、19年7月に韓国のKリーグ選抜とプレシーズンマッチを実施。同月24日に中国で行われたインテル戦でフル出場していたロナウドは疲労を理由にKリーグ選抜戦を欠場した。ところが45分間の出場契約があったと韓国で報じられ、怒りを募らせたファンが主催会社「ザ・フェスタ」を相手取って損害賠償訴訟状を提出していた。

 韓国の総合ニュースサイト「NEWSIS」は「昨年、親善試合でロナウドが出場しなかった、いわゆる“ロナウド欠場”事件に関連し、民事訴訟で裁判所が主催者ザ・フェスタに損害賠償判決を下した」と報じ、「裁判所は2人にそれぞれ37万1000ウォンを支払うように命令した」と記している。

 損害賠償として、チケット代7万ウォン(約6400円)、キャンセル払い戻し手数料1000ウォン(約100円)、慰謝料100万ウォン(9万1000円)と1人あたり107万1000ウォン(約9万7500円)を請求していたが、そのうちの一部が認められる形で原告勝訴の判決となった。

 その他のファンも集団訴訟を起こしており、今回の判決によって流れが加速しそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング