南野は「シンジの再現を望む」 “先輩香川”の成功を英紙期待「クロップの愛弟子から…」

クロップの下で活躍したドルトムント時代の香川(右)と現在指導を受けているリバプール南野【写真:Getty Images】
クロップの下で活躍したドルトムント時代の香川(右)と現在指導を受けているリバプール南野【写真:Getty Images】

リバプールで厳しい戦いに臨む南野 ドルトムント時代の香川の再現なるか?

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間26日、FAカップ4回戦のシュルーズベリー戦(2-2)に先発出場。先制点に関与したものの、不発に終わり後半40分にピッチを退いた。本領を発揮できずにいるが、英メディアは、「南野は香川の成功を再現することを望んでいる」と見出しを打って取り上げている。

 1日付けでリバプールに加入した南野は、5日のFA杯3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦デビューを飾り、3トップの最前線を務めた。23日のリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)では、前半33分に負傷したセネガル代表FWサディオ・マネと交代し、リーグ戦デビューも飾っている。投入と同時に4-4-2システムに変更され、前半に左サイドハーフ、後半に右サイドハーフに入っていた。

 シュルーズベリー戦では再び最前線で起用されるも、主力を温存したチームは3部相手にまさかの引き分けとなり、過密日程のなかで再試合が決定していた。南野自身も際立った存在感を発揮できなかったこともあり、現地メディアでは比較的低い評価を与えられることに。一方、英地元紙「リバプール・エコー」は「南野拓実はかつてのクロップの愛弟子からインスピレーションを得ることができる」と見出しを打って報じている。

 記事の指す「かつてのクロップの愛弟子」とは、現在スペイン2部レアル・サラゴサに在籍しているMF香川真司だ。香川はクロップ監督と合計3年間、ドルトムントで共闘し、指揮官から全幅の信頼を得てチームの大黒柱を務めていた。「南野はドルトムントでのクロップ体制を謳歌したシンジ・カガワの成功を再現することを望んでいる」と綴っている。

 香川と南野は元セレッソ大阪という共通点もあり、両者ともにクロップ監督にその才能を認められた日本人アタッカーだ。現在のリバプールは世界最高のクラブの一角として当時のドルトムントよりも遥かに出場機会の獲得に難しい環境にあるが、南野は“香川の再現”をプレミアの地で成功させることができるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング