マンU、インテルFWサンチェスの復帰を検討か 「驚くべき方針転換」と英紙報道

インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】
インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

昨夏にインテルへ期限付き移籍も…「もう一度チャンスを与えると決断」

 マンチェスター・ユナイテッドはインテルに期限付き移籍中のチリ代表FWアレクシス・サンチェスを再び戦力として呼び戻す方針のようだ。英紙「デイリー・スター」が「アレクシス・サンチェスにもう一度チャンスを与えると決断した」と報じている。

 サンチェスは2018年1月にアーセナルからユナイテッドへ移籍。プレミアでの実績もあったチリ代表ストライカーはクラブ伝統のエースナンバーである7番を背負い、エースとしての活躍が期待された。

 しかし、バルセロナやアーセナルでプレーしていたころの輝きは失われ、次第に出場機会も減少。高額の給与に見合わないと非難も浴び、昨夏にインテルへ期限付き移籍していた。

 それでも、クラブはサンチェスの可能性を諦めてはいないようだ。期限付き移籍の契約は1年間で、今季終了後には復帰するサンチェスに再びアピールのチャンスを与えるという。

 記事では「マンチェスター・ユナイテッドは驚くべき方針転換を行った。アレクシス・サンチェスがオールド・トラッフォードで自身を証明するためにもう一度チャンスを与えると決断した」と伝えられている。

 さらに「ユナイテッドのエド・ウッドワード副会長はサンチェスと彼の代理人に(インテルとの)ローンから完全移籍への移行、あるいは他クラブへの加入は許可しないと伝えた」とも記されており、クラブとしてはサンチェスを残留させる方針を固めているようだ。

 ユナイテッドでは通算45試合でわずか5得点と期待外れとなっていたサンチェスは“赤い悪魔”で復活を遂げることができるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング