「Bチームに放り込まれた」 南野、“不慣れな戦い”に英紙が同情「簡単ではなかった」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

3部相手に存在感を示せず…「最初の先発2試合で不慣れなポジションに…」

 リバプールは現地時間26日、FAカップ4回戦で3部シュルーズベリーと対戦し、2-2と引き分けた。日本代表MF南野拓実は先発出場したものの、主力を温存したリバプールは格下相手に引き分けに持ち込まれた。本領を発揮できずにいる南野だが、英紙「イブニング・スタンダード」は「最初の先発2試合でBチームの不慣れなポジションに放り込まれた」と同情の声を寄せている。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、5日に行われたFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦デビュー。また、23日に行われたリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)では、前半33分に負傷したセネガル代表FWサディオ・マネと交代し、リーグ戦初出場。投入と同時に4-4-2へシステム変更され、前半に左サイドハーフ、後半に右サイドハーフに入っていた。

 シュルーズベリー戦では4-3-3システムの最前線に配置された。リバプールは前半15分、後半1分にゴールを奪い2点のリードを得るも、同20分に与えたPKを決められると、同30分に同点弾を奪われ、格下相手にまさかのドローを喫し、過密日程のなかで再試合を余儀無くされた。南野も影響力が乏しかったため、現地では低評価が目立っている一方、英紙「イブニング・スタンダード」は「南野が進むのは長き道」と取り上げ、適応に時間がかかると予想しつつも、同情的な意見を寄せている。

「最初の先発2試合でBチームの不慣れなポジションに放り込まれた。南野にとっては簡単なことではなかった」と擁護しつつ、「リバプールの今後において、重要な選手であることは間違いないが、アンフィールドの一員としては難しい出だしにはなったと言わざるを得ないだろう」と指摘している。負傷していた主力が続々と戻ってくるなかで、南野は出場機会を勝ち取ることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング