「弱点が強調された」 不発の南野、格下相手に露呈した“致命的な欠点”を英紙指摘

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

最前線で先発を飾るも「センターFWを務めるには致命的に軽量級だ」

 リバプールは現地時間26日、FAカップ4回戦で3部シュルーズベリーと対戦し、2-2で引き分けた。日本代表MF南野拓実は先発出場し、先制点に関与したものの、主力を温存したチームは2点のリードを守り切れずに再試合が決定。英メディアは「南野の弱点が強調された」とし、「センターFWを務めるには致命的に軽量級だ」と指摘している。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、5日に行われたFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦デビュー。また、23日に行われた第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)では、前半33分に負傷したセネガル代表FWサディオ・マネと交代し、リーグ戦初出場を果たしていた。

 ウルブス戦では南野投入と同時に4-4-2へシステム変更され、前半に左サイドハーフ、後半に右サイドハーフに入ったが、シュルーズベリー戦では4-3-3システムの最前線に配置された。リバプールは前半15分、後半1分にゴールを奪い2点のリードを得るも、同20分に与えたPKを決められると、同30分に同点弾を奪われ、格下相手にまさかの引き分けに終わる結末となった。

 ウルブス戦から先発11人全員を入れ替えたリバプールだが、過密日程のなかで再試合に持ち込まれ、温存策が裏目に出ることになった。英紙「デイリー・ミラー」は「シュルーズベリーで落胆するドローに終わったリバプールにおけるタクミ・ミナミノの評価」と見出しを打ち、「ほとんどインパクトを残せなかった」と影響の少ない存在であったと指摘している。

「疑う余地なく、両足のファーストタッチから繰り出される素晴らしい技術のクオリティーを備えている」と言及しながらも、「この新顔はセンターFWを務めるには致命的に軽量級だ」と、南野の欠点が露呈した一戦になったことを強調している。

「南野のフィジカルの欠如は屈強な対戦相手を前に苦しめられていた」と綴り、「相手MFシーン・ゴスにあっさりと体を入れられた時こそ、南野の弱点が強調された場面だった」と主張している。ここまで公式戦通算で3試合の出場機会が与えられている南野だが、いずれもフィジカルコンタクトで弾き飛ばされる場面が見られており、早期に改善すべき点となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング