FW鈴木優磨、真っ白なピッチで今季6点目 “濃霧キラー”ぶりにファンから大反響

シント=トロイデンでプレーするFW鈴木優磨が今シーズン6ゴール目を記録【写真:STVV】
シント=トロイデンでプレーするFW鈴木優磨が今シーズン6ゴール目を記録【写真:STVV】

濃霧の中行われた一戦でシント=トロイデンを2連勝に導く

 シント=トロイデンFW鈴木優磨が現地時間25日、リーグ第23節アウェーのロイヤル・ムスクロン戦で今季6点目を挙げた。前半27分に先制ゴールをマークし、3-1の勝利に貢献。濃霧の中で行われた一戦でもチームを2連勝へと導き、好調を維持している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 映像でもはっきりと確認できるほど、濃霧の中で行われた敵地のムスクロン戦。鈴木は3トップの左で先発し、存在感を発揮した。前半27分、自陣からのロングパスに味方が反応。一気にペナルティーエリア内に侵入すると、鈴木は中央から走り込み、折り返しのパスを落ち着いて決めた。今季6点目。鈴木のゴールで勢いに乗ったシント=トロイデンは後半9分、同35分にも追加点を挙げ、終了間際にムスクロンに反撃の一発を浴びるも快勝を収めた。

 スカパー!海外サッカーYouTubeチャンネルが公開したハイライトには、「先制点の縦パス見えんかった」「少し霧が…のレベルじゃねえ笑」「霧で前半ほとんど見えんかった」「放送事故レベルの霧」と戸惑うファンのコメントが相次いだ。その一方で「鹿スタで育った優磨だもん霧には慣れてるっしょ!」との声も上がった。

 鹿島アントラーズ出身の鈴木は、2017年8月5日、ホームのJ1第20節ベガルタ仙台戦に後半24分から途中出場。この一戦では濃霧でゲームが一時中断し、カラーボールも使用するという“ハプニング”に見舞われた。そんななかでも、1点リードの後半ロスタイムに鈴木は追加点をマーク。2-0の勝利に導いた。

 今回、再び霧の中でもゴールを挙げた鈴木。どんな環境下でも、いつも通りのプレーは求められるが、簡単なことではない。柔軟な対応力を発揮した鈴木は、これからも“濃霧キラー”としての活躍が期待できそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」