“マムシ”MF小椋祥平が現役引退を発表 16年間のプロ生活に幕「皆様のおかげで頑張れた」

マリノスでも長く活躍したJ2甲府のMF小椋祥平が引退を発表した(※写真は横浜F・マリノス時代のもの)【写真:Getty Images】
マリノスでも長く活躍したJ2甲府のMF小椋祥平が引退を発表した(※写真は横浜F・マリノス時代のもの)【写真:Getty Images】

34歳MF小椋、甲府で昨季41試合に出場も引退を決断 「助けられ辛いときに救われた」

 2019年シーズン限りでJ2ヴァンフォーレ甲府を退団していたMF小椋祥平が22日に自身のインスタグラムを通じて現役引退を発表した。16年間のプロ生活に幕を閉じ、「皆様の応援が、とてつもなく自分の力となり、助けられ辛いときに救われたことか」と胸中を明かしている。

 現在34歳の小椋は、2004年に修徳高校から水戸ホーリーホックに加入。2008年から横浜F・マリノスに移籍し、7シーズンにわたって活躍するなか、2013年には天皇杯優勝を経験した。以降はガンバ大阪、モンテディオ山形と渡り歩き、2017年から甲府に在籍。2019年シーズンはJ2リーグ戦チーム最多タイ41試合に出場し、フィールドプレーヤーでは最長の3398分間プレーした。

 粘り強いプレスでボール奪取を狙う姿から「マムシ」と呼ばれ、際立つ球際の強さとボール奪取力を発揮。元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾを彷彿とさせるハードマークでファンの心を鷲掴みにした。経験を重ねるごとに洞察力が高まり、読みも洗練されるなど、円熟味のあるプレーでチームを支えていた。

 昨季終了後にクラブから契約満了が発表された際、「3年間お世話になりました!本当にありがとうございました」と感謝の意を示していた小椋。16年間のプロ生活に幕を閉じるなか、22日に更新したインスタグラムで現役引退を表明し、「皆様のおかげで16年間もプロサッカー選手として頑張れました」とメッセージを届けている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング