ベッカムは“金食い虫”? 「イタリアに殴り込んだ12人の英国スター」を海外紙が選出

新たにインテル移籍が決まったヤングは活躍できるか

 また、ここまで出てきた選手たちとは少し違うルートでイタリアに渡ったのがベッカムだ。ユナイテッドから国外クラブへ移籍したベッカムは、レアル・マドリード、ロサンゼルス・ギャラクシーと渡り歩き、ACミランへ移籍。当時のミランはスター選手の多いクラブだったが、あまりにも結果が出ず、ベッカムも2度チームに加わったものの、多くのファンに求められたパフォーマンスを残すことなくクラブを去った。記事でも「ミランの金食い虫と見なされた」と辛辣な評価を綴っている。

 このように、これまで英国からイタリアに渡って結果を残した選手たちがいないなか、ヤングはインテルで大きなインパクトを残すことができるのだろうか。

「英国からイタリアに渡った12人のスター」は以下の通り。

クリス・スモーリング(マンチェスター・U→ASローマ/イングランド代表)
アーロン・ラムジー(アーセナル→ユベントス/ウェールズ代表)
レイ・ウィルキンス(マンチェスター・U→ミラン/元イングランド代表)
ポール・インス(マンチェスター・U→インテル/元イングランド代表)
デビッド・プラット(アストンビラ→バーリ/元イングランド代表)
ポール・ガスコイン(トットナム→ラツィオ/元イングランド代表)
デイビッド・ベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー→ミラン/元イングランド代表)
アシュリー・コール(チェルシー→ローマ/元イングランド代表)
ジョー・ハート(マンチェスター・C→トリノ/イングランド代表)
グレアム・スーネス(リバプール→サンプドリア/元スコットランド代表)
リー・シャープ(リーズ→サンプドリア/元イングランド代表)
イアン・ラッシュ(リバプール→ユベントス/元ウェールズ代表)

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング