東京五輪代表の混迷招いた「JFAの責任は重い」 欧州組“急増”で崩れた強化のビジョン

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(左)と関塚隆技術委員長【写真:Getty Images】
日本サッカー協会の田嶋幸三会長(左)と関塚隆技術委員長【写真:Getty Images】

【識者コラム】五輪代表の命運を握るのは監督以上に技術委員会の“交渉力”

 プロ創設前の日本サッカーには、3つの奇跡的な快挙があった。

 まず1936年ベルリン五輪で優勝候補のスウェーデンを破った。次に64年東京五輪でアルゼンチンを下した。そしてその4年後のメキシコ五輪での銅メダル獲得である。

 この銅メダル獲得で日本でもサッカーという競技が認知されるようになり、第一次ブームが訪れ、子供たちがボールを蹴るようになった。しかし、後に日本代表監督としてワールドカップ(W杯)に挑む森孝慈氏(故人)は「銅メダルといっても、世界にはもっと強いチームがたくさんあるのを知っていたので、複雑な思いもあった」と述懐している。

 実際メキシコ五輪前には欧州に長期遠征をしているが、チェコスロバキア(当時)代表や各国のクラブチームを相手に8連敗。最後のドイツでの地域選抜戦でやっと1勝を挙げて帰国した。結局五輪はW杯に手が届かない時代の最大目標で、プロ創設後もフィリップ・トルシエ時代までは国内組中心の構成だったから、強化日程の確保に困ることはなかった。

 それでも1970年代までの五輪は、「アマチュア世界選手権」と定義が明確だったから、参加国の格差はともかく、それなりのレベルが担保された。プロのない東欧諸国はフル代表で、64年東京、68年メキシコと連覇したハンガリーは「今ならレアル・マドリード級のビッグクラブに入っていた」(“日本サッカーの父”と称されたデットマール・クラマー氏)レベルの選手がプレーしていたという。また72年ミュンヘン五輪を制したポーランドは、イングランドを倒して2年後のW杯に出場し、3位と旋風を巻き起こした。

 だが五輪もプロ化の傾向が強まると、IOC(国際オリンピック委員会)とFIFA(国際サッカー連盟)の綱引きが始まる。出場規定は何度か変遷の末に、「23歳以下+オーバーエイジ3人」という中途半端な規定に落とし込まれたわけだが、クラブ側に代表招集に応じる義務がなくなったため、東京五輪の男子サッカーはフタを開けてみるまでどんなレベルの大会になるのか未知数だ。

 今回のU-23アジア選手権でグループリーグ敗退が決まると、JFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長は「ベストメンバーが組めたのはコロンビア戦のみ」と森保一監督をかばったが、そもそも技術委員会が招集可能なメンバーを明かさない現状では、逆に欧州組から誰にドタキャンされても不思議はない。

 もちろんこの条件は、全参加国に平等だ。シーズン終了後に、五輪より遥かに優先度合いが高い欧州選手権(EURO)が開催される欧州の代表国(スペイン、ドイツ、ルーマニア、フランス)が、本気でトップレベルの選手を招集してくるとは考え難い。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング