森保J、屈辱的なGL敗退はなぜ起こったのか? 今大会で圧倒的に“足りなかったもの”

日本はまさかの2連敗でグループリーグ敗退…。森保Jに足りなかったものとは?【写真:Getty Images】
日本はまさかの2連敗でグループリーグ敗退…。森保Jに足りなかったものとは?【写真:Getty Images】

2連敗で史上初めて決勝トーナメント進出を逃す

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ敗退が決定した。第2戦シリア戦は1-2で敗戦。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねた2大会前は優勝を飾った日本だったが、この屈辱的な敗戦はなぜ起こったのか。大会を通して“足りないもの”があった。

 バンコクの夜空にシリアの歓喜の声が響き渡る横で、日本の選手は膝をついた。初戦のサウジアラビア戦に続いて終盤に失点を許し、屈辱的な2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えたシリア戦。序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分、ペナルティーエリア内で相手選手に対し、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が遅れて蹴ってしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定。これによってPKを献上し、同9分に先制点を許した。

 対する日本は同30分、左サイドからカットインしてミドルシュートを放ったMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びシュート。この強烈な一発がニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いついた。後半は膠着した状況が続くなか、試合終盤にカウンターを受けて失点。2戦連続して終盤の失点で敗れ、ショッキングなGL敗退となった。

 今大会、同世代を支えてきた主将のMF中山雄太(ズウォレ)が不在。昨年11月の国際親善試合コロンビア戦(0-2)で初めて森保ジャパンに招集されたA代表のMF堂安律(PSV)や、中心として期待されるMF久保建英(マジョルカ)もシーズン中で“海外組”が招集できなかった。今大会に招集されたメンバーの中に東京五輪メンバー入りが“当確”した選手がいるとは言えず、全員アピールが必要な立場だった。

 そのなかでの2連敗。大会期間中、明らかにこのチームに足りないものがあった。シリア戦後、唯一の海外組として招集されたMF食野亮太郎(ハーツ)は話した。

「今回は(中山)雄太くんもいなくて、リーダーシップはなかったとは言わないけど、強く発信するところを自分を含めもう少しできたら、もっといい方向にいけたかもしれない。代表なんで、それぞれが覚悟を持って集まってきている。まとまりは必要だし、チームと違うからコミュニケーションが合わない部分もあるけど、それを補えるだけの選手が来ていると思うので、そこは言い訳したらいけない」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」